大箸の画像掲示板 投稿は管理人(大箸)のみ行えるように設定してありますm(_ _)m
【2017年3月5日 記】...掲示板の管理用パスワード忘れてなくて良かった(苦笑
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
2 / 721 ツリー ←次へ | 前へ→

Xeon E5-2687W V4 大箸 2016/3/23(水) 9:30 [添付][添付][添付][添付]

Re:Z10PA-D8にて起動成功 大箸 2016/4/7(木) 22:59 [添付][添付]
Z10PA-D8 BIOS 3107 リリース 大箸 2016/4/26(火) 23:16 [添付][添付][添付]
定格2.4GHzで22コアなES 大箸 2016/5/4(水) 0:32 [添付][添付][添付][添付][添付][添付][添付]
E5-2679v4試食 大箸 2016/6/5(日) 2:33 [添付][添付][添付][添付][添付][添付][添付][添付][添付]
Re:E5-2679v4試食 大箸 2016/6/5(日) 20:40 [添付][添付][添付][添付]
Re:定格2.4GHzで22コアなES 大箸 2017/4/7(金) 0:27 [添付][添付][添付][添付][添付]

Re:Z10PA-D8にて起動成功
 大箸 MailHome  - 2016/4/7(木) 22:59 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8_E5-2687Wv4_x2_160407_boot.png
・サイズ : 491.3KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8_E5-2687Wv4_x2_160407.png
・サイズ : 413.4KB
   >せめてBIOSのバージョン表記ぐらいいじってやろうと思いましたが、
>CPU-ZやHWiNFOで表示される部分は変更できたものの、
>起動時最初にBIOS画面で現れる部分はどこをいじればいいのか
>探しきれていません...
--
起動時最初に現れるBIOSのバージョンを記している部分が見つかりました。
どのように文字列扱っているのか分からないので、無難に同じ文字数で書き換え(^^;
オーバークロック関係は元の非表示状態に戻し、E5-2687W V4を載せて記念撮影。
これで十分自己満足出来たので、BIOSいじりはここまでか...
...ASUSさん、BIOS更新お待ちしております(^_^;

添付画像
【Z10PA-D8_E5-2687Wv4_x2_160407_boot.png : 491.3KB】

添付画像
【Z10PA-D8_E5-2687Wv4_x2_160407.png : 413.4KB】

Z10PA-D8 BIOS 3107 リリース
 大箸 MailHome  - 2016/4/26(火) 23:16 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : BIOS3107_MMTool.png
・サイズ : 21.6KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8_3107_memory.png
・サイズ : 461.3KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8_E5-2687Wv4_x2_160426.png
・サイズ : 265.5KB
   >これで十分自己満足出来たので、BIOSいじりはここまでか...
>...ASUSさん、BIOS更新お待ちしております(^_^;
--
ついにBIOS更新、3107がリリースされました。
CPUサポートリストにE5-26** v4シリーズが追加になり、
https://www.asus.com/us/Commercial-Servers-Workstations/Z10PAD8/HelpDesk_CPU/
BIOS 3107にて対応と表記されているものですが、
現時点ではBIOSダウンロードページは更新されていません...
...とツイッターでつぶやいたところ、ASUSさんから今週中にアップロード予定と
リプライを頂きました。
とりあえず直リンクでダウンロード出来る状態にはなっています。
http://dlcdnet.asus.com/pub/ASUS/mb/Socket2011-R3/Z10PA-D8/BIOS/Z10PA-D8-ASUS-3107.zip

早速ダウンロードしてMMToolで覗いてみましたが、
CPU Patchの表示はZ10PE-D8 WSのBIOS 3204と同じ状態でした。
この部分については自分で改造したBIOSでも実現していましたが、
BIOS 3107ではメモリースピードの選択肢に2400が追加されています。
DDR4-2400なメモリーは持っていませんが、とにかくこれで安心して
常用環境に投入出来るようになりました。

なお、BIOS 3107の日付は4月8日になっています。
自分でBIOS 3003の改造に踏み切ったのが4月6日なので、
微妙〜に先んじることが出来たような(笑

ASUSさん、連休前の対応、ありがとうございました(^_^;

添付画像
【BIOS3107_MMTool.png : 21.6KB】

添付画像
【Z10PA-D8_3107_memory.png : 461.3KB】

添付画像
【Z10PA-D8_E5-2687Wv4_x2_160426.png : 265.5KB】

定格2.4GHzで22コアなES
 大箸 MailHome  - 2016/5/4(水) 0:32 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x2_half_small.png
・サイズ : 85.5KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x1_CB_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x2_CB-5723_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x2_CB-5550.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_HW522.png
・サイズ : 65.4KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2687WV4_x1_CB_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2687WV4_x2_CB_KS.png
・サイズ : 1.3MB
   >ついにBIOS更新、3107がリリースされました。

>ASUSさん、連休前の対応、ありがとうございました(^_^;
--
BIOSはめでたくBroadwell-EP対応になりましたが、
チップセットドライバーのダウンロードページは去年の日付のまま、
バージョン9.4.2.1019で放置されているので、
ASRock X99Extreme4用にダウンロードした10.1.2.10を当てて使っています。


で、ここからが本題、標記のES石を試したので晒してみようというものです。

現在、eBayで「Xeon E5-2699 v4 ES」で検索するといくつかヒットしますが、
ヒートスプレッダ上の刻印がQHUP 2.10となっており、
・CPU-ZのStepping表示は0
・HWiNFOのStepping表示はA1
・HWiNFOのCPU HFM(Max)が2100.0MHz
・HWiNFOのCPU Turboが2600.0MHz
という内容で、2.1GHzや2.1-2.6GHzといった売られ方になっている石が多いです。
そんな中、2.4GHz-2.8GHzを謳う石があって、
http://www.ebay.com/itm/INTEL-XEON-E5-2699-V4-ES-22-CORE-55M-2-4ghz-2-8Ghz-V4-/282023595925
貼られている画像を見ると、
・CPU-ZのStepping表示は1
・HWiNFOのStepping表示はB0
・HWiNFOのCPU HFM(Max)が2400.0MHz
・HWiNFOのCPU Turboが3500.0MHz
となっており、QHUPなES石より新しく、性能も良さそうです。
実際、CINEBENCH R15のスコアが3077だったとする画像も貼られているのですが、
一方でそのCINEBENCH画像で定格2.4GHzで22コアなのは拾えているものの、
CPU名部分が空欄だったり、そもそも石画像は貼られていなかったりで、
ポチッとするには少々勇気が要る一品です(^^;

試す機会が得られたのは上記2.4GHz-2.8GHzなES石と同じ素性と思われるもので、
ヒートスプレッダ上の刻印はQJJB ES 2.40GHZとなっていました。
CINEBENCHなどレンダリングでは全コア2.8GHzでのターボとなります。
単発と双発でのスコア画像を貼ってみますが、確かにCINEBENCH R15では
CPU名は空欄になって、eBay上の画像がNDA的な配慮で画像加工していた訳では
ないことが確認できました。

QJJB双発でのCINEBENCH R15のスコアが5723になっていますが、
これはかなりまぐれっぽくて、5550前後が多い感じでした。
これをまぐれで片付けずに再現する方法が見つかればスコアも安定して
よりよい比較対象になりそうですが、今のところ掴めないでいます。

また、QJJBなES石のStepping表示ですが、HWiNFO5.22ではB0だったのが、
5.24に更新したところB0/M0/R0になりました。
某氏に伺った観察と予想によると、Steppingは最大コア数の異なる3種のダイで、
A*,B*,../L*,M*,.../Q*,R*,...という感じで使い分けられるようです。
E5-2687Wv4をHWiNFO5.24で見ると5.22と同じくM0になりますし、
22コアなES石は一番大きなダイサイズということで迷わずB0になりそうですが、
とりあえず製品版と同列の扱いという風に受け取ることも出来そうで、
このQJJBなES石は安心して使えそうな気がします。

なお、eBayで貼られているCINEBENCH R15画像に24コア石のスコアが
出ていたりしますが、聞いた話では、全コアターボで2.3GHzまでしか
上がらないためにスコアが良くないということのようです。

さて、22コアで全コアターボ3.0GHzとか、さらなる素敵なES石も存在しそうな
感じもありますが、出回ることはあるでしょうか(^^;

添付画像
【QJJB_x2_half_small.png : 85.5KB】

添付画像
【QJJB_x1_CB_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【QJJB_x2_CB-5723_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【QJJB_x2_CB-5550.png : 1.1MB】

添付画像
【QJJB_HW522.png : 65.4KB】

添付画像
【2687WV4_x1_CB_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【2687WV4_x2_CB_KS.png : 1.3MB】

E5-2679v4試食
 大箸 MailHome  - 2016/6/5(日) 2:33 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_AIDA64_KS.png
・サイズ : 0.6MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_3.2G_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_3.1G_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_3.2G_KS_1m28s.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x1_DDR4-2400_CB_KS_RT.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_2.9G_Prime95_15min.png
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8_water-cooling_160604.jpg
・サイズ : 1.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_3.2G_KS_10m16s.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_2.9G_Prime95_20min.png
・サイズ : 0.6MB
   >>ついにBIOS更新、3107がリリースされました。
>〜
>>ASUSさん、連休前の対応、ありがとうございました(^_^;
>--
>BIOSはめでたくBroadwell-EP対応になりましたが、
>チップセットドライバーのダウンロードページは去年の日付のまま、
>バージョン9.4.2.1019で放置されているので、
>ASRock X99Extreme4用にダウンロードした10.1.2.10を当てて使っています。
--
その後BIOSは3202に、ドライバー類も更新されて環境整っておりました。


>で、ここからが本題、標記のES石を試したので晒してみようというものです。

>試す機会が得られたのは上記2.4GHz-2.8GHzなES石と同じ素性と思われるもので、
>ヒートスプレッダ上の刻印はQJJB ES 2.40GHZとなっていました。
>CINEBENCHなどレンダリングでは全コア2.8GHzでのターボとなります。
--
QJJBを常用するべく、Z10PA-D8をおかわりしたりDDR4-2400なメモリーを
発注していたところ、某氏がE5-2679v4をポチッたとの知らせが届きました。
E5-2679v4はIntel ARKには掲載されていませんが、特定の顧客向けに
出荷されていると思しき石で、eBayでも出品されています↓
http://www.ebay.com/itm/Intel-Xeon-E5-2679-V4-OEM-2-5Ghz-3-3-Max-20-Core-Faster-Than-E5-2699-V4-/272246720084
定格2.5Gの20コア石で、フルコアターボ倍率はx32の模様です。

ところが某氏、着弾した石をASRock単発板で回したところ3.1Gしか回らず、
仕切りにマザーを疑っておりました。
某氏はASUS双発板での動作を確認したいらしく、
おかわりしたZ10PA-D8を貸して欲しい...
..ではなく、なんと石を貸して頂けるとのこと!
もちろん喜んで引き受けました(^_^)

OC要素の無いサーバー板に乗せても回るようにはならないと思ったのですが、
試すとあっさり32倍で回りました。
KeyShotによるレンダリングもQJJBより少し速く、eBayでの売り文句、
E5-2699v4より速い、は誇大広告ではなさそうです。
AIDA64でMax Turbo Boost Multipliersを確認すると、
32コアまでの負荷では33倍、43〜20コアへの負荷では32倍になっており、
HWiNFOを見るとアンコア(Uncore/非コア部)が最大27倍になっているので、
シングル負荷ではコア35倍&アンコア30倍なQJJBの方が速そうですが、
まぁこの手の石でシングル負荷での性能を問題にする必要はないと...

..で、あっさり試食終了かと思いきや、気が付くとが31倍動作になっています!?
CINEBENCHのCPUスコアは20秒程度の演算なので32倍になっている感じですが、
KeyShotによるレンダリングが32倍動作するのは最初だけで、
そのうち32倍のコアと31倍のコアが入り乱れ始め、
やがて全てのコアが31倍動作に落ち着く、という挙動でした。
BIOSでこれはと思われる項目を少しいじりましたが劇的な改善はなく、
32倍動作の持続時間は1分30程度が限度。
なにしろCPU-ZでTDP200Wと表示される特殊な石なので、熱に負けているっぽい!?

そこで休眠水冷パーツを引っ張り出し、ここまで使っていた古い簡易水冷、
Antec Kuhler H2O 920を外して乗せ換えたところ、10分程度の観察ですが、
KeyShotは32倍キープで回り続けるようになりました。
冷却変更により、RealTemp読みでコア温度は10℃ほど下がりましたが、
古い簡易水冷がへたっているのか、本来の実力の差なのか(^^;
貼った画像は、テスト風景の後の2枚が水冷強化後に取得したものになります。

なお、AVX命令は高負荷のようで、Prime95は演算開始から29倍動作になります。
OCCTにAVX Capable Linpackというのがありますが、こちらは32倍でスタート、
1分半過ぎで29倍に落ちるコアが現れ始め、やがて全て29倍動作になります。
...OCCTのAVX利用率はPrime95より低めということでしょうか...
これらの挙動は水冷強化しても変わらずでした。


ということで、こなれたBIOSの板で、ちゃんと冷却出来れば、
少なくともレンダリングのような用途なら、
E5-2679v4はQJJBやE5-2699v4より速いことが分かりました。
QJJBとの差はKeyShotでも5%程度なので、コストパフォーマンスや
扱いやすさを含めるとQJJBも捨てがたいのですが、
E5-2687W v4が残念過ぎるというか微妙過ぎるというか(爆
せっかく海外通販でフライングゲットしたE5-2687W v4ですが、
気が付いたらE5-2679v4に化けてたりしないでしょうか(笑

2016年6月5日8:44追記:
某氏に指摘頂いた記事中の誤記を訂正しました。
某氏には貴重な石を試食させて頂き感謝しておりますm(_ _)m


添付画像
【2679v4_x1_AIDA64_KS.png : 0.6MB】

添付画像
【2679v4_x1_3.2G_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【2679v4_x1_3.1G_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【2679v4_x1_3.2G_KS_1m28s.png : 1.3MB】

添付画像
【QJJB_x1_DDR4-2400_CB_KS_RT.png : 1.3MB】

添付画像
【2679v4_x1_2.9G_Prime95_15min.png : 0.8MB】

添付画像
【Z10PA-D8_water-cooling_160604.jpg : 1.0MB】

添付画像
【2679v4_x1_3.2G_KS_10m16s.png : 1.3MB】

添付画像
【2679v4_x1_2.9G_Prime95_20min.png : 0.6MB】

Re:E5-2679v4試食
 大箸 MailHome  - 2016/6/5(日) 20:40 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8+KOTETSU.jpg
・サイズ : 1.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8+SST-AR08_MS120.jpg
・サイズ : 1.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8+THEMIS.jpg
・サイズ : 1.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8+Kuler920.jpg
・サイズ : 1.0MB
   >ということで、こなれたBIOSの板で、ちゃんと冷却出来れば、
>少なくともレンダリングのような用途なら、
>E5-2679v4はQJJBやE5-2699v4より速いことが分かりました。
--
E5-2679v4の空冷運用の可能性はあるか...というか、
某氏のテストで31倍までしか回らなかったという、
サイズの虎徹を試してみました。

BIOS設定でファン回転数をGenericに設定すると、PWM制御のファンは
負荷に応じて回転数上がる形になりますが、E5-2679v4の発熱には
全く追いつかない感じで、KeyShotの32倍動作持続時間は10秒未満でした。
BIOS設定でファン回転数をフルスピードにすると、32倍動作持続時間は
30秒ほどに伸びましたが、やはり簡易水冷にも及ばない模様...
それでも空冷で全く32倍で回らない訳ではなかったということで、
E5-2679v4の能力を引き出せるかは、板を選ぶようです。

他に手持ちの
・Silverstone SST-AR08(90mmファン)
・RAIJINTEK THEMIS OP105255(120mmファン)
も試してみましたが、さすがと90mmファンのSST-AR08ではファン全開でも
KeyShotでの32倍動作は10秒程度、その後は全コア31倍に落ちてしまいました。
THEMISの方は虎徹とほぼ同じサイズの放熱フィンで、1600rpm固定のファンに
換えてみたりもしましたが、挙動は虎徹と同じ感じでした。

ついでに格安な簡易水冷、MAELSTROM 120も試してみましたが、
ファン全開設定で32倍動作は3分程度持続するものの、
騒音が大き過ぎて話になりません(^^;
昨日1分半くらいしかもたなかったAntec Kuhler 920は
やはりへたっているのかとKuhler 920に戻したところ、
気温/室温の関係か、今日は同じく3分もちます。
同じ3分でも、ファンをSY1225SL12LM-Pに換装しているKuhler 920は
静かなもので、やはりMAELSTROM 120は値段なりのようです(苦笑


これでE5-2679v4の試食完了となります。
お貸しいただいた某氏に改めて感謝いたしますm(_ _)m

添付画像
【Z10PA-D8+KOTETSU.jpg : 1.0MB】

添付画像
【Z10PA-D8+SST-AR08_MS120.jpg : 1.0MB】

添付画像
【Z10PA-D8+THEMIS.jpg : 1.0MB】

添付画像
【Z10PA-D8+Kuler920.jpg : 1.0MB】

Re:定格2.4GHzで22コアなES
 大箸 MailHome  - 2017/4/7(金) 0:27 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_cpu_24.339.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_QJJB_at_22s.png
・サイズ : 1.4MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_QJJB_at_23s.png
・サイズ : 1.4MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_QJJB_at_24s.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_Ryzen_x39_finished.png
・サイズ : 1.5MB
   >試す機会が得られたのは上記2.4GHz-2.8GHzなES石と同じ素性と思われるもので、
>ヒートスプレッダ上の刻印はQJJB ES 2.40GHZとなっていました。
>CINEBENCHなどレンダリングでは全コア2.8GHzでのターボとなります。
>単発と双発でのスコア画像を貼ってみますが、確かにCINEBENCH R15では
>CPU名は空欄になって、eBay上の画像がNDA的な配慮で画像加工していた訳では
>ないことが確認できました。
--
現在では定格2.4GHzな22コア石が5-2699A v4としてリリースされているので、
このQJJBはE5-2699A v4相当のES石と呼んでよさそうです。

さて、昨日レンダリングソフトV-RAYのベンチマークが公開されたので、
早速デュアルQJJBな自宅機で計測してみました。
結果は24秒の表示で、登録した時点では世界一でしたが、
数時間後に4CPUなマシンにあっさり抜かれました(笑

で、V-RAYベンチでシステム情報取得してもQJJBのCPU名は表示されず、
結果を公開しているサイトでも私の登録は x88 だけの表示で、
88スレッドな環境としか分からない形になっています。
http://benchmark.chaosgroup.com/cpu?id=336

その後、ベンチマークの開発元から問い合わせのメールが来たので
改めてベンチマーク走らせてみました。
細かく観察すると、
22秒くらいまでは全コア2.8GHzで走っていますが、
23秒辺りで描画が終わっていないのにタイム表示の下の進捗バーは振り切れて
負荷が軽い状態となり、
24秒で、やはり描画中なもののRendering finished.の表示が出る、
というちょっと不自然な挙動になっていることに気づきました。

8コア16スレッドなRyzen 7 1700Xではメインの描画が終わってから
Rendering finished.表示が出ていたかな〜と思って改めてRyzenで試すと、
最後の1秒くらいで右上の描画終わってない状態でRendering finished.が
出たので、ES石だから挙動不審という訳ではない...と思いたいです(^^;

添付画像
【V-RAY_cpu_24.339.png : 1.5MB】

添付画像
【V-RAY_QJJB_at_22s.png : 1.4MB】

添付画像
【V-RAY_QJJB_at_23s.png : 1.4MB】

添付画像
【V-RAY_QJJB_at_24s.png : 1.5MB】

添付画像
【V-RAY_Ryzen_x39_finished.png : 1.5MB】

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
2 / 721 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
1016267
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.
質問は基本的にご遠慮いただいておりますm(_ _)m
また、書き込みを頂いても常に気の利いたレスがつくとは限りません。
↑某師の真似(?)になりますが、重ね重ねご容赦下さい<(_ _)>
【私のアドレスなウイルスメールについて(-_-;】
 私は来る方も出る方もプロバイダーのウイルス対策サービス受けてますので、
 恐らく差出人偽装ウイルスメールかと思われます。
 お手数ですが見かけたら撃ち落してくださるようお願いいたしますm(_ _)m