大箸の画像掲示板 投稿は管理人(大箸)のみ行えるように設定してありますm(_ _)m
【2017年3月5日 記】...掲示板の管理用パスワード忘れてなくて良かった(苦笑
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
1 / 73 ページ 前へ→

Ryzen 7 1700X[2]  /  Xeon E5-2687W V4[11]  /  Xeon E5-2690 v2[3]  /  3840x2400な液晶 T221(の...[3]  /  Z9PA-D8[0]  /  i5-3570K[5]  /  SuperMicroのRomley板[2]  /  Sandy Bridge-E 8コアES石[5]  /  FX-8150[2]  /  i7-2600K[5]  /  

Ryzen 7 1700X
 大箸 MailHome  - 2017/3/5(日) 1:06 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : RYZEN7_1700X_X370GT7.png
・サイズ : 1.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : X370GT7_LN2_mode_sw.png
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x35_CB1532.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x35_KS6_135.png
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : RYZEN7_1700X_X370GT7_run.png
・サイズ : 2.5MB
   超久しぶりのAMD石、Ryzen を試食してみました。

深夜販売には参戦できませんでしたが、アークさんで確保できました。
1800Xはサイト覗いた時点で既に売り切れていたので1700Xに決定、
次に板をカートに入れようとしてクリックしたつもりが、
一瞬先に品切れになったらしくカートに入らないという経験をしました(^^;
で、ほぼ選択肢がない感じだったのですが、残っていたBIOSTAR X370GT7に決定。
この板、LN2モード スイッチが付いてました。
LN2タンクは実家に引き上げてしまいましたので、
お手軽なドライアイス位試そうかな...なんて気持ちもゼロではなかったり(^^;;

さて、足が生えている石は久しぶりでソケットに挿すのも少し緊張(笑
あらかじめ捕獲してあったAM4対応を謳うCPUクーラー、MSI CORE FROZR Lを乗せ、
メモリーはG.SKILL F4-3733C17D-16GTZAで8GB x2枚の16GB、
グラフィックはRadeon PRO WX7100、
OSはWindows10 Pro 64bitです。
電源オプションを高パフォーマンスに設定すると、常時35倍運転になり、
この状態でCINEBENCHは1532、KeyShot6.3での定番カメラで135FPSとなりました。
KeyShotの掲示板を覗くと
https://www.keyshot.com/forum/index.php?board=36.0
i7-6800Kで4.4GにOCして134.7FPS
i7-5820Kで4.3GにOCして120FPS
といった投稿があるので、やはりRyzenはレンダリング方面に強そう〜
まだどこまでOC出来るか分かりませんが、今後Naplesとかも楽しみです(^_^)

なお、お約束のπ焼き...は、し忘れました(笑

添付画像
【RYZEN7_1700X_X370GT7.png : 1.8MB】

添付画像
【X370GT7_LN2_mode_sw.png : 0.8MB】

添付画像
【R7-1700X_x35_CB1532.png : 1.5MB】

添付画像
【R7-1700X_x35_KS6_135.png : 0.8MB】

添付画像
【RYZEN7_1700X_X370GT7_run.png : 2.5MB】

Re:Ryzen 7 1700X
 大箸 MailHome  - 2017/3/6(月) 1:29 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x37_CB1631.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x37_KS6_143.png
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x38_CB1670.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x38_KS6_147.png
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x39_CB1705.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x39_KS6_150.png
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : R7-1700X_x39.5_CB1727.png
・サイズ : 1.5MB
   BIOSでメモリータイミング設定が16進表記で驚いたり、
未だにベースクロックをどこでいじるのか、そもそもBIOSでいじれるのか
分かっていないという恥ずかしい状況ですが、少しオーバークロックしてみました。
メモリークロックもデフォルト設定のDDR4-2133からDDR4-2933に上げています。

3.9Gまではコア電圧1.35Vちょいのままあっさりクロック上がって行きましたが、
今のところCINEBENCHの完走限界は3.95Gまでで、
3.95GだとKeyShotを1〜2分走らせるとシステムが落ちる、という感じで、
この個体は1.4V以上かけても、このCPUクーラーでの空冷では限界を迎えるようです。

それでも3.9GでCINEBENCHは1700cb、KeyShotは150FPSに到達。
この勢いでNaplesでコア数増えたりデュアルCPU構成出来るようになったら
かな〜り強力そうで、実際試食するかどうかはさておき、とても楽しみです。
AMD頑張れ〜!(^_^)

添付画像
【R7-1700X_x37_CB1631.png : 1.5MB】

添付画像
【R7-1700X_x37_KS6_143.png : 0.8MB】

添付画像
【R7-1700X_x38_CB1670.png : 1.5MB】

添付画像
【R7-1700X_x38_KS6_147.png : 0.8MB】

添付画像
【R7-1700X_x39_CB1705.png : 1.5MB】

添付画像
【R7-1700X_x39_KS6_150.png : 0.8MB】

添付画像
【R7-1700X_x39.5_CB1727.png : 1.5MB】

Re:Ryzen 7 1700X
 大箸 MailHome  - 2017/4/7(金) 0:47 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_Ryzen_x36_1m25s.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_Ryzen_x39_1m18s.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_Ryzen_x39.5_1m17s.png
・サイズ : 1.5MB
   >BIOSでメモリータイミング設定が16進表記で驚いたり、
>未だにベースクロックをどこでいじるのか、そもそもBIOSでいじれるのか
>分かっていないという恥ずかしい状況ですが、少しオーバークロックしてみました。
>メモリークロックもデフォルト設定のDDR4-2133からDDR4-2933に上げています。
--
その後BIOS更新してメモリータイミング設定が16進表記とかいうことはなくなり
ましたが、やはりベースクロックはBIOSでいじれない、ように見えます(^^;


>3.9Gまではコア電圧1.35Vちょいのままあっさりクロック上がって行きましたが、
>今のところCINEBENCHの完走限界は3.95Gまでで、
>3.95GだとKeyShotを1〜2分走らせるとシステムが落ちる、という感じで、
>この個体は1.4V以上かけても、このCPUクーラーでの空冷では限界を迎えるようです。
--
V-RAYベンチマークが公開されたので、Ryzenでも走らせてみました。
やはり空冷での完走限界は3.95GHz辺りで1分17秒というタイムになりました。
結果が公開されているサイトを見てみると、
http://benchmark.chaosgroup.com/cpu?id=336&page=9
1分17秒というのはE5-2687Wのデュアル機より少し速い感じのようで、
Opteron 6168な48スレッド機(=4CPU機)と同等というのが感慨深いです。
この書き込み時点でRyzen 1800Xが1m16.058sで87位になっていますが、
おそらく4GHzで回っているのではないかと思います。

>それでも3.9GでCINEBENCHは1700cb、KeyShotは150FPSに到達。
>この勢いでNaplesでコア数増えたりデュアルCPU構成出来るようになったら
>かな〜り強力そうで、実際試食するかどうかはさておき、とても楽しみです。
>AMD頑張れ〜!(^_^)
--
まもなくRyzen 5はリリースになりますが、Naplesはいつになるのか...
順調ならこの四半期のどこかになると思いますが、とても待ち遠しいです。

添付画像
【V-RAY_Ryzen_x36_1m25s.png : 1.5MB】

添付画像
【V-RAY_Ryzen_x39_1m18s.png : 1.5MB】

添付画像
【V-RAY_Ryzen_x39.5_1m17s.png : 1.5MB】

・ツリー全体表示

Xeon E5-2687W V4
 大箸 MailHome  - 2016/3/23(水) 9:30 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : E5-2687WV4_EMS_box.png
・サイズ : 2.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : E5-2687WV4_box_front_back.png
・サイズ : 1.9MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : E5-2687WV4_box_side_back.png
・サイズ : 1.9MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : E5-2687WV4_cpu_front_back.png
・サイズ : 2.2MB
   久しぶりに新品の石、Xeon E5-2687W V4を捕獲してみました。
Intelから正式発表前に石ゲットなんて何年ぶりでしょう...
...というか、ES石じゃなくてリテール品のフライングゲットは記憶にないかも!?
eBayを覗くと既に色々なXeon v4のES品が出回っていますが、
3月頭にShopBLTさんで在庫有の表示が出て、真っ先にポチったものです。
今現在の在庫を見ると↓
http://www.shopblt.com/cgi-bin/shop/getstock.pl?p=B2U5505&nh=0
私の他にポチッたのは一人だけの模様(^^;
送料けちってEMSにしたので、アメリカの税関でも止まり、日本の税関でも
連休に掛かったりもして盛大に止まり、今朝ようやく受け取ることが出来ました。
FedEXとかにしてればずっと早かったかもですが、
「1個当たり30万円以下で3月31日までに着弾」
が至上命題だったのでよしとしましょう...

さて、E5-2687W V4のスペックですが、定格3.0G説と3.1G説が見受けられていて、
ShopBLTさんのサイトでは3.1Gの表示になっているのですが、
着弾してみたら3.0Gでした(^^;
S-spec:SR2NA, Batch#:L546C313Tとなっております。
はたして全コアターボでどこまで上がるでしょうか...
今夜帰宅したら通電、CineBench R15とKeyShotを走らせてみる予定です。

添付画像
【E5-2687WV4_EMS_box.png : 2.0MB】

添付画像
【E5-2687WV4_box_front_back.png : 1.9MB】

添付画像
【E5-2687WV4_box_side_back.png : 1.9MB】

添付画像
【E5-2687WV4_cpu_front_back.png : 2.2MB】

定格2.4GHzで22コアなES
 大箸 MailHome  - 2016/5/4(水) 0:32 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x2_half_small.png
・サイズ : 85.5KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x1_CB_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x2_CB-5723_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x2_CB-5550.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_HW522.png
・サイズ : 65.4KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2687WV4_x1_CB_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2687WV4_x2_CB_KS.png
・サイズ : 1.3MB
   >ついにBIOS更新、3107がリリースされました。

>ASUSさん、連休前の対応、ありがとうございました(^_^;
--
BIOSはめでたくBroadwell-EP対応になりましたが、
チップセットドライバーのダウンロードページは去年の日付のまま、
バージョン9.4.2.1019で放置されているので、
ASRock X99Extreme4用にダウンロードした10.1.2.10を当てて使っています。


で、ここからが本題、標記のES石を試したので晒してみようというものです。

現在、eBayで「Xeon E5-2699 v4 ES」で検索するといくつかヒットしますが、
ヒートスプレッダ上の刻印がQHUP 2.10となっており、
・CPU-ZのStepping表示は0
・HWiNFOのStepping表示はA1
・HWiNFOのCPU HFM(Max)が2100.0MHz
・HWiNFOのCPU Turboが2600.0MHz
という内容で、2.1GHzや2.1-2.6GHzといった売られ方になっている石が多いです。
そんな中、2.4GHz-2.8GHzを謳う石があって、
http://www.ebay.com/itm/INTEL-XEON-E5-2699-V4-ES-22-CORE-55M-2-4ghz-2-8Ghz-V4-/282023595925
貼られている画像を見ると、
・CPU-ZのStepping表示は1
・HWiNFOのStepping表示はB0
・HWiNFOのCPU HFM(Max)が2400.0MHz
・HWiNFOのCPU Turboが3500.0MHz
となっており、QHUPなES石より新しく、性能も良さそうです。
実際、CINEBENCH R15のスコアが3077だったとする画像も貼られているのですが、
一方でそのCINEBENCH画像で定格2.4GHzで22コアなのは拾えているものの、
CPU名部分が空欄だったり、そもそも石画像は貼られていなかったりで、
ポチッとするには少々勇気が要る一品です(^^;

試す機会が得られたのは上記2.4GHz-2.8GHzなES石と同じ素性と思われるもので、
ヒートスプレッダ上の刻印はQJJB ES 2.40GHZとなっていました。
CINEBENCHなどレンダリングでは全コア2.8GHzでのターボとなります。
単発と双発でのスコア画像を貼ってみますが、確かにCINEBENCH R15では
CPU名は空欄になって、eBay上の画像がNDA的な配慮で画像加工していた訳では
ないことが確認できました。

QJJB双発でのCINEBENCH R15のスコアが5723になっていますが、
これはかなりまぐれっぽくて、5550前後が多い感じでした。
これをまぐれで片付けずに再現する方法が見つかればスコアも安定して
よりよい比較対象になりそうですが、今のところ掴めないでいます。

また、QJJBなES石のStepping表示ですが、HWiNFO5.22ではB0だったのが、
5.24に更新したところB0/M0/R0になりました。
某氏に伺った観察と予想によると、Steppingは最大コア数の異なる3種のダイで、
A*,B*,../L*,M*,.../Q*,R*,...という感じで使い分けられるようです。
E5-2687Wv4をHWiNFO5.24で見ると5.22と同じくM0になりますし、
22コアなES石は一番大きなダイサイズということで迷わずB0になりそうですが、
とりあえず製品版と同列の扱いという風に受け取ることも出来そうで、
このQJJBなES石は安心して使えそうな気がします。

なお、eBayで貼られているCINEBENCH R15画像に24コア石のスコアが
出ていたりしますが、聞いた話では、全コアターボで2.3GHzまでしか
上がらないためにスコアが良くないということのようです。

さて、22コアで全コアターボ3.0GHzとか、さらなる素敵なES石も存在しそうな
感じもありますが、出回ることはあるでしょうか(^^;

添付画像
【QJJB_x2_half_small.png : 85.5KB】

添付画像
【QJJB_x1_CB_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【QJJB_x2_CB-5723_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【QJJB_x2_CB-5550.png : 1.1MB】

添付画像
【QJJB_HW522.png : 65.4KB】

添付画像
【2687WV4_x1_CB_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【2687WV4_x2_CB_KS.png : 1.3MB】

E5-2679v4試食
 大箸 MailHome  - 2016/6/5(日) 2:33 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_AIDA64_KS.png
・サイズ : 0.6MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_3.2G_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_3.1G_KS.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_3.2G_KS_1m28s.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QJJB_x1_DDR4-2400_CB_KS_RT.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_2.9G_Prime95_15min.png
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8_water-cooling_160604.jpg
・サイズ : 1.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_3.2G_KS_10m16s.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2679v4_x1_2.9G_Prime95_20min.png
・サイズ : 0.6MB
   >>ついにBIOS更新、3107がリリースされました。
>〜
>>ASUSさん、連休前の対応、ありがとうございました(^_^;
>--
>BIOSはめでたくBroadwell-EP対応になりましたが、
>チップセットドライバーのダウンロードページは去年の日付のまま、
>バージョン9.4.2.1019で放置されているので、
>ASRock X99Extreme4用にダウンロードした10.1.2.10を当てて使っています。
--
その後BIOSは3202に、ドライバー類も更新されて環境整っておりました。


>で、ここからが本題、標記のES石を試したので晒してみようというものです。

>試す機会が得られたのは上記2.4GHz-2.8GHzなES石と同じ素性と思われるもので、
>ヒートスプレッダ上の刻印はQJJB ES 2.40GHZとなっていました。
>CINEBENCHなどレンダリングでは全コア2.8GHzでのターボとなります。
--
QJJBを常用するべく、Z10PA-D8をおかわりしたりDDR4-2400なメモリーを
発注していたところ、某氏がE5-2679v4をポチッたとの知らせが届きました。
E5-2679v4はIntel ARKには掲載されていませんが、特定の顧客向けに
出荷されていると思しき石で、eBayでも出品されています↓
http://www.ebay.com/itm/Intel-Xeon-E5-2679-V4-OEM-2-5Ghz-3-3-Max-20-Core-Faster-Than-E5-2699-V4-/272246720084
定格2.5Gの20コア石で、フルコアターボ倍率はx32の模様です。

ところが某氏、着弾した石をASRock単発板で回したところ3.1Gしか回らず、
仕切りにマザーを疑っておりました。
某氏はASUS双発板での動作を確認したいらしく、
おかわりしたZ10PA-D8を貸して欲しい...
..ではなく、なんと石を貸して頂けるとのこと!
もちろん喜んで引き受けました(^_^)

OC要素の無いサーバー板に乗せても回るようにはならないと思ったのですが、
試すとあっさり32倍で回りました。
KeyShotによるレンダリングもQJJBより少し速く、eBayでの売り文句、
E5-2699v4より速い、は誇大広告ではなさそうです。
AIDA64でMax Turbo Boost Multipliersを確認すると、
32コアまでの負荷では33倍、43〜20コアへの負荷では32倍になっており、
HWiNFOを見るとアンコア(Uncore/非コア部)が最大27倍になっているので、
シングル負荷ではコア35倍&アンコア30倍なQJJBの方が速そうですが、
まぁこの手の石でシングル負荷での性能を問題にする必要はないと...

..で、あっさり試食終了かと思いきや、気が付くとが31倍動作になっています!?
CINEBENCHのCPUスコアは20秒程度の演算なので32倍になっている感じですが、
KeyShotによるレンダリングが32倍動作するのは最初だけで、
そのうち32倍のコアと31倍のコアが入り乱れ始め、
やがて全てのコアが31倍動作に落ち着く、という挙動でした。
BIOSでこれはと思われる項目を少しいじりましたが劇的な改善はなく、
32倍動作の持続時間は1分30程度が限度。
なにしろCPU-ZでTDP200Wと表示される特殊な石なので、熱に負けているっぽい!?

そこで休眠水冷パーツを引っ張り出し、ここまで使っていた古い簡易水冷、
Antec Kuhler H2O 920を外して乗せ換えたところ、10分程度の観察ですが、
KeyShotは32倍キープで回り続けるようになりました。
冷却変更により、RealTemp読みでコア温度は10℃ほど下がりましたが、
古い簡易水冷がへたっているのか、本来の実力の差なのか(^^;
貼った画像は、テスト風景の後の2枚が水冷強化後に取得したものになります。

なお、AVX命令は高負荷のようで、Prime95は演算開始から29倍動作になります。
OCCTにAVX Capable Linpackというのがありますが、こちらは32倍でスタート、
1分半過ぎで29倍に落ちるコアが現れ始め、やがて全て29倍動作になります。
...OCCTのAVX利用率はPrime95より低めということでしょうか...
これらの挙動は水冷強化しても変わらずでした。


ということで、こなれたBIOSの板で、ちゃんと冷却出来れば、
少なくともレンダリングのような用途なら、
E5-2679v4はQJJBやE5-2699v4より速いことが分かりました。
QJJBとの差はKeyShotでも5%程度なので、コストパフォーマンスや
扱いやすさを含めるとQJJBも捨てがたいのですが、
E5-2687W v4が残念過ぎるというか微妙過ぎるというか(爆
せっかく海外通販でフライングゲットしたE5-2687W v4ですが、
気が付いたらE5-2679v4に化けてたりしないでしょうか(笑

2016年6月5日8:44追記:
某氏に指摘頂いた記事中の誤記を訂正しました。
某氏には貴重な石を試食させて頂き感謝しておりますm(_ _)m


添付画像
【2679v4_x1_AIDA64_KS.png : 0.6MB】

添付画像
【2679v4_x1_3.2G_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【2679v4_x1_3.1G_KS.png : 1.3MB】

添付画像
【2679v4_x1_3.2G_KS_1m28s.png : 1.3MB】

添付画像
【QJJB_x1_DDR4-2400_CB_KS_RT.png : 1.3MB】

添付画像
【2679v4_x1_2.9G_Prime95_15min.png : 0.8MB】

添付画像
【Z10PA-D8_water-cooling_160604.jpg : 1.0MB】

添付画像
【2679v4_x1_3.2G_KS_10m16s.png : 1.3MB】

添付画像
【2679v4_x1_2.9G_Prime95_20min.png : 0.6MB】

Re:E5-2679v4試食
 大箸 MailHome  - 2016/6/5(日) 20:40 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8+KOTETSU.jpg
・サイズ : 1.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8+SST-AR08_MS120.jpg
・サイズ : 1.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8+THEMIS.jpg
・サイズ : 1.0MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z10PA-D8+Kuler920.jpg
・サイズ : 1.0MB
   >ということで、こなれたBIOSの板で、ちゃんと冷却出来れば、
>少なくともレンダリングのような用途なら、
>E5-2679v4はQJJBやE5-2699v4より速いことが分かりました。
--
E5-2679v4の空冷運用の可能性はあるか...というか、
某氏のテストで31倍までしか回らなかったという、
サイズの虎徹を試してみました。

BIOS設定でファン回転数をGenericに設定すると、PWM制御のファンは
負荷に応じて回転数上がる形になりますが、E5-2679v4の発熱には
全く追いつかない感じで、KeyShotの32倍動作持続時間は10秒未満でした。
BIOS設定でファン回転数をフルスピードにすると、32倍動作持続時間は
30秒ほどに伸びましたが、やはり簡易水冷にも及ばない模様...
それでも空冷で全く32倍で回らない訳ではなかったということで、
E5-2679v4の能力を引き出せるかは、板を選ぶようです。

他に手持ちの
・Silverstone SST-AR08(90mmファン)
・RAIJINTEK THEMIS OP105255(120mmファン)
も試してみましたが、さすがと90mmファンのSST-AR08ではファン全開でも
KeyShotでの32倍動作は10秒程度、その後は全コア31倍に落ちてしまいました。
THEMISの方は虎徹とほぼ同じサイズの放熱フィンで、1600rpm固定のファンに
換えてみたりもしましたが、挙動は虎徹と同じ感じでした。

ついでに格安な簡易水冷、MAELSTROM 120も試してみましたが、
ファン全開設定で32倍動作は3分程度持続するものの、
騒音が大き過ぎて話になりません(^^;
昨日1分半くらいしかもたなかったAntec Kuhler 920は
やはりへたっているのかとKuhler 920に戻したところ、
気温/室温の関係か、今日は同じく3分もちます。
同じ3分でも、ファンをSY1225SL12LM-Pに換装しているKuhler 920は
静かなもので、やはりMAELSTROM 120は値段なりのようです(苦笑


これでE5-2679v4の試食完了となります。
お貸しいただいた某氏に改めて感謝いたしますm(_ _)m

添付画像
【Z10PA-D8+KOTETSU.jpg : 1.0MB】

添付画像
【Z10PA-D8+SST-AR08_MS120.jpg : 1.0MB】

添付画像
【Z10PA-D8+THEMIS.jpg : 1.0MB】

添付画像
【Z10PA-D8+Kuler920.jpg : 1.0MB】

Re:定格2.4GHzで22コアなES
 大箸 MailHome  - 2017/4/7(金) 0:27 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_cpu_24.339.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_QJJB_at_22s.png
・サイズ : 1.4MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_QJJB_at_23s.png
・サイズ : 1.4MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_QJJB_at_24s.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : V-RAY_Ryzen_x39_finished.png
・サイズ : 1.5MB
   >試す機会が得られたのは上記2.4GHz-2.8GHzなES石と同じ素性と思われるもので、
>ヒートスプレッダ上の刻印はQJJB ES 2.40GHZとなっていました。
>CINEBENCHなどレンダリングでは全コア2.8GHzでのターボとなります。
>単発と双発でのスコア画像を貼ってみますが、確かにCINEBENCH R15では
>CPU名は空欄になって、eBay上の画像がNDA的な配慮で画像加工していた訳では
>ないことが確認できました。
--
現在では定格2.4GHzな22コア石が5-2699A v4としてリリースされているので、
このQJJBはE5-2699A v4相当のES石と呼んでよさそうです。

さて、昨日レンダリングソフトV-RAYのベンチマークが公開されたので、
早速デュアルQJJBな自宅機で計測してみました。
結果は24秒の表示で、登録した時点では世界一でしたが、
数時間後に4CPUなマシンにあっさり抜かれました(笑

で、V-RAYベンチでシステム情報取得してもQJJBのCPU名は表示されず、
結果を公開しているサイトでも私の登録は x88 だけの表示で、
88スレッドな環境としか分からない形になっています。
http://benchmark.chaosgroup.com/cpu?id=336

その後、ベンチマークの開発元から問い合わせのメールが来たので
改めてベンチマーク走らせてみました。
細かく観察すると、
22秒くらいまでは全コア2.8GHzで走っていますが、
23秒辺りで描画が終わっていないのにタイム表示の下の進捗バーは振り切れて
負荷が軽い状態となり、
24秒で、やはり描画中なもののRendering finished.の表示が出る、
というちょっと不自然な挙動になっていることに気づきました。

8コア16スレッドなRyzen 7 1700Xではメインの描画が終わってから
Rendering finished.表示が出ていたかな〜と思って改めてRyzenで試すと、
最後の1秒くらいで右上の描画終わってない状態でRendering finished.が
出たので、ES石だから挙動不審という訳ではない...と思いたいです(^^;

添付画像
【V-RAY_cpu_24.339.png : 1.5MB】

添付画像
【V-RAY_QJJB_at_22s.png : 1.4MB】

添付画像
【V-RAY_QJJB_at_23s.png : 1.4MB】

添付画像
【V-RAY_QJJB_at_24s.png : 1.5MB】

添付画像
【V-RAY_Ryzen_x39_finished.png : 1.5MB】

・ツリー全体表示

Xeon E5-2690 v2
 大箸 MailHome  - 2013/9/13(金) 3:13 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : KS4.1-camera-212.0__E5-2690v2_x2.png
・サイズ : 0.5MB
   ASUS Z9PA-D8に3GHz品のES石を2つ載せて長らく快適に過ごしていたのですが、
何の気なしにBIOSを最新の5105にアップデートしたら、ES石の挙動が怪しくなり、
デュアルはおろかシングルCPUでも実用稼働不能になってしまいました...orz
公式にはZ9PA-D8のBIOSは3204より新しくしてしまうと3204には戻れない旨の
記述がありますが、裏ワザはないんでしょうか(^^;

やむを得ず、自宅機のASRock X79Extreme4に収まっていたE5-2687Wを外して
交換したのですが、いくら2687WがES品よりクロック高めとは言え、
シングル⇔デュアルの差は歴然。どうにかデュアルCPUな環境に戻りたいなと...

もう一枚Z9PA-D8を入手しようかとも思いましたが、
初期BIOS状態で来るとは限らないので、今一つ気が進まず。
E5-2687Wを一つ買い増せばES石のデュアルよりクロック上がりますが、
(ES品3.0GHz石は全コア負荷時でMax 3.1GHz、E5-2687Wは3.4GHz)
せっかくIvy Bridge-Eが発売されたんだから、この際...
...ということで、久しぶりにアキバに行ってきました。

値段が値段なこともあり、どれを選ぶか悩みどころでしたが、
当初考えていたE5-2687W v2が10コアではなく8コアだったということで、
それよりクロックは低めなものの10コアで割安なE5-2690 v2の方が
レンダリング向きと判断。
発売初日の閉店間際に行ったツクモ本店IIでは売り切れで、
昨晩BUY MORE秋葉原本店での捕獲となりました。
...ツクモ本店IIでは店員さんに名刺まで頂きましたが、ごめんなさい(^^;
BUY MOREの店頭価格表には全コア負荷時のクロックも記されていて、
E5-2690 v2が予想より気持ち高い3.3GHzとなっていたことにも
背中を押された感じがあります。
それにしても、全コア負荷時のクロックを定格クロックと称すればいいのに、
とか思うのは私だけでしょうか!?

で、早速ASUS Z9PA-D8に載せてみたところ、問題なく起動しました。
KeyShotのカメラのシーンは212fpsと、見たことのない数字を叩き出しています。
ただし、この数字はKeyShotのバージョンでも変化するので、
過去記事の数字とは単純に比較はできません。
画像残していませんが、CPU換装前、Z9PA-D8 + E5-2687W(x1)状態では
92くらいだったので、Sandy Bridge → Ivy Bridgeで、コア数の増加以上に
パフォーマンスは伸びているようです。

仕事機なのであまりいじれないですが、気が向いたら週末にでも
石を1つ外して持ち帰り、自宅機でも試してみようかな〜とか考えています。

添付画像
【KS4.1-camera-212.0__E5-2690v2_x2.png : 0.5MB】

Re:Xeon E5-2690 v2
 大箸 MailHome  - 2013/9/15(日) 15:32 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : CB_28.65_E5-2690v2_x2.png
・サイズ : 1.9MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : CB_16.36_E5-2690v2_x1.png
・サイズ : 1.5MB
   >で、早速ASUS Z9PA-D8に載せてみたところ、問題なく起動しました。
>KeyShotのカメラのシーンは212fpsと、見たことのない数字を叩き出しています。
>ただし、この数字はKeyShotのバージョンでも変化するので、
>過去記事の数字とは単純に比較はできません。
>画像残していませんが、CPU換装前、Z9PA-D8 + E5-2687W(x1)状態では
>92くらいだったので、Sandy Bridge → Ivy Bridgeで、コア数の増加以上に
>パフォーマンスは伸びているようです。
--
CINEBENCH11.5を走らせてみたところ、28.65となりました。
こちら↓のAkiba PC Hotline!の記事で
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20130911_614943.html
E5-2697v2のデュアルで27.13と書かれているので、なぜか上回ったことになります。
E5-2697v2の12コア全開クロックは3GHzとのことで、
E5-2690V2の10コア全開クロックは3.3GHzなので、
単純に考えると36対33となって勝てない気がしますが...


>仕事機なのであまりいじれないですが、気が向いたら週末にでも
>石を1つ外して持ち帰り、自宅機でも試してみようかな〜とか考えています。
--
ということで、E5-2690 v2を1つ持ち帰り、ASRock X79Extreme4に乗せて
無事起動、E5-2690v2単発のCINEBENCH11.5は16.36でした。

環境が同じになるように1つ外した仕事機で試した値と比べるべきですが、
もしCINEBENCHのスコアがコア数に比例するならE5-2690v2デュアルでは
32.7辺りが出そうなところ、実際は28.65だったということで、
単純にコア数に比例するわけではなさそう...それはまぁ当然な気がして、
感覚的にも、3.3G x10と3.0G x11だったら3.3G x10の方が気持ち速そう。
しかし3.3G x10が3.0G x12をも上回るとまでは思えず...
...BUYMOREさん、Z9PA-D8にE5-2697v2乗せて回してみてください〜(^^;

添付画像
【CB_28.65_E5-2690v2_x2.png : 1.9MB】

添付画像
【CB_16.36_E5-2690v2_x1.png : 1.5MB】

Re:Xeon E5-2690 v2
 大箸 MailHome  - 2013/9/20(金) 2:25 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : CB_16.20_E5-2690v2_x1.png
・サイズ : 1.9MB
   >CINEBENCH11.5を走らせてみたところ、28.65となりました。

>>仕事機なのであまりいじれないですが、気が向いたら週末にでも
>>石を1つ外して持ち帰り、自宅機でも試してみようかな〜とか考えています。
>--
>ということで、E5-2690 v2を1つ持ち帰り、ASRock X79Extreme4に乗せて
>無事起動、E5-2690v2単発のCINEBENCH11.5は16.36でした。
>
>環境が同じになるように1つ外した仕事機で試した値と比べるべきですが、
--
仕事機にてE5-2690v2単発でのCINEBENCH11.5は16.20が出ました。
自宅機での16.36との差は、メモリータイミングの差かもしれませんし、
CINEBENCHのスコア変動幅もあるので、妥当なところでしょうか。

また、KeyShotのcameraシーンFPSの単発スコアは約114となっていて、
マルチスレッドの効率がCINEBENCH11.5より高めなのも過去に経験した通りです。
CINEBENCHの元であるCINEMA4Dは現在R15になっているので、
CINEBENCH15とかがもしあれば、その辺の効率も改善されているかも!?


E5-2690v2双発のCINEBENCH画像でコア数の項目が16コア、32スレッドと
表示されていたりするように、時代時代で暗黙の上限が設定されていて、
それを超えるとおかしなことも起こるようです。
CINEBENCHはコア数の表示がおかしいだけで実際のレンダリングには
積んでるコアは全て使われていると思いますが、
以前使っていたAfterEffects CS4では8コア16スレッド状態までじゃないと
起動すらしなかったような記憶があります。
今回20コア40スレッドになった訳ですが、3D-CADのCreo(Pro/E Wildfire5.0)が、
シェードかけようとするとフリーズするという現象にぶつかりました。
データを保存する際にシェード画像も取り込む動作も行うので、
保存しようとしてもフリーズするという事態に...
最初原因が分からなくてうろたえたものの、
Sandy Bridge-E 8コアES品の双発の時は問題なくて、
E5-2690v2の双発でもコア数制限してOS起動すれば問題なくなったので、
32スレッドより多い状態を想定した実装になっていないようです。
...最近のCreo 2.0とかでは大丈夫でしょうか(^^;

で、CAD作業とレンダリング作業でOS立ち上げ直すのも面倒なので、
Process Lassoの出番かなと思ったのですが、
ふと、存在しているのは知っていたものの使い道が分からないでいた、
Creo(Pro/E)のコンフィグオプション、cpus_to_useを試したところ、
OS起動でコア数切り替えなくても大丈夫になって、一安心。
このオプションの説明が、英語モードで起動すると
「Set up the number of threads including main thread」
となっていて、使うスレッド数を指定するんだなと想像つくのですが、
通常の日本語モードで起動すると
「主ねじを含めたねじ数を設定します。」
という超訳になってます(爆
...なお最近のCreo 2.0では
「メインスレッドを含めたスレッド数を設定します。」
と、まともな訳に直っておりました(^_^;

添付画像
【CB_16.20_E5-2690v2_x1.png : 1.9MB】

Re:Xeon E5-2690 v2
 大箸 MailHome  - 2013/10/20(日) 12:03 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : CB-1158_KS-90.8_E5-2690v2_x1_HT-off.png
・サイズ : 1.7MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : CB-1445_KS-119.5_E5-2690v2_x1_HT-on.png
・サイズ : 1.7MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : CB-2239_KS-179.4_E5-2690v2_x2_HT-off.png
・サイズ : 1.7MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : CB-2836_KS-220.1_E5-2690v2_x2_HT-on.png
・サイズ : 1.7MB
   >また、KeyShotのcameraシーンFPSの単発スコアは約114となっていて、
>マルチスレッドの効率がCINEBENCH11.5より高めなのも過去に経験した通りです。
>CINEBENCHの元であるCINEMA4Dは現在R15になっているので、
>CINEBENCH15とかがもしあれば、その辺の効率も改善されているかも!?
>
>
>E5-2690v2双発のCINEBENCH画像でコア数の項目が16コア、32スレッドと
>表示されていたりするように、時代時代で暗黙の上限が設定されていて、
>それを超えるとおかしなことも起こるようです。
>CINEBENCHはコア数の表示がおかしいだけで実際のレンダリングには
>積んでるコアは全て使われていると思いますが、
--
9月末にCINEBENCHのR15版がリリースされていたので、
E5-2690v2の単発/双発、HT-off/onで回してみました。
R11.5版ではおかしかったコア数表示も直っています。
KeyShotも4.2が出たので、定番cameraシーンのFPS値とともに記すと、

単発HT-off: 1158cb, 90.8FPS
単発HT-on: 1445cb, 119.5FPS
双発HT-off: 2239cb, 179.4FPS
双発HT-on: 2836cb, 220.1FPS

となりました。
CINEBENCHのHyperThreading効率は25%前後になっています。
KeyShotは単発でのHT効率は30%超えていますが、
双発ではなぜかCPU負荷が100%近くまでいかなくて
HT効率は22%程度に下がりました。
以前はKeyShotのHT効率はもう少し良かったような印象があるのですが、
今回の結果ではCINEBENCHとそんなに大差がある訳ではないようです。

KeyShotとV-Rayで塗り比べてみたいと思っているのですが、
V-Rayのために3ds maxやMayaというのはハードル高いので
Cinema4Dかなぁとか、それはやはり回り道なのかなぁとか、
Maxwell Renderも気になるなぁとか...
...オーバークロックどころではないのは確かです(苦笑

添付画像
【CB-1158_KS-90.8_E5-2690v2_x1_HT-off.png : 1.7MB】

添付画像
【CB-1445_KS-119.5_E5-2690v2_x1_HT-on.png : 1.7MB】

添付画像
【CB-2239_KS-179.4_E5-2690v2_x2_HT-off.png : 1.7MB】

添付画像
【CB-2836_KS-220.1_E5-2690v2_x2_HT-on.png : 1.7MB】

・ツリー全体表示

3840x2400な液晶 T221(の中古品)
 大箸 MailHome  - 2009/7/2(木) 3:16 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : T221_9503-DGP_GENO.jpg
・サイズ : 16.0KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : T221_9503-DGP_front.jpg
・サイズ : 43.3KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : T221_9503-DGP_back1.jpg
・サイズ : 36.6KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : T221_9503-DGP_back2.jpg
・サイズ : 37.4KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : T221_9503-DGP_back3.jpg
・サイズ : 35.4KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : T221_9503-DGP_back4.jpg
・サイズ : 30.1KB
   OC遊びは全くご無沙汰ですが、標題の液晶を捕獲したので
激しく久しぶりに書き込みしてみます。

先週末のAkiba PC Hotline!に
「3,840×2,400ドットの中古液晶が特価販売中、在庫は少量」
なる記事が出ました:
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20090627/etc_ibm.html
あれこれ検索してみると、これは数年前に発売された製品のようで、
当時の値段は3桁万円だったとか(@_@)
それが中古とは言え、たったの5万円程度で手に入るということで、
これは逝っとかなければと思いつつ、あまりの値段の落差に
一体どの程度の中古品なのかと踏ん切りがつかないまま時間が過ぎ、
土曜日の夕方ようやく腰を上げてアキバに行ってみましたが、
当然のようにツクモDOS/Vパソコン館では完売でした。
店員さんによると15台くらい売れたとかなんとか...

...で、縁がなかったとあきらめようかとも思ったのですが、
改めて検索してみると、同様の中古品を扱っている通販ショップが
引っ掛かりました。また、某巨大掲示板にもスレが立っており、
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/hard/1245895042/
貴重な体験談・情報も入手できました。本当に大感謝ですm(_ _)m
これで通販で入手する覚悟(?)が出来て、早速ポチッとな(笑
中古液晶には専用ケーブルが1本しか付属していないようなので、
同等品的に使えるらしいLFH-60→DVI x2なケーブル、
https://www.imolss.com/products/product_list.php?input[action]=detail&input[id]=33
も同時に発注かけました。

液晶、ケーブルともに着弾し、自宅常用機に中古のQuadro FX1400を2枚挿しして
試してみましたが、EDID 45設定にて 1920x1200の4画面タイルな3840x2400状態で
48Hzインタレース表示が出来ました。画面周囲のフレームに少々の擦り傷は
ありますが、液晶自体の映りは特に問題なさそうです。
専用ケーブルではないケーブルも、なんとかギリギリ背面のカバーを取り付けて
使うことができそう...液晶の角度を変えるときギシギシいいますが(笑

3840x2400状態で常用するかどうかは別として、もう一台欲しくなりました(^_^;

添付画像
【T221_9503-DGP_GENO.jpg : 16.0KB】

添付画像
【T221_9503-DGP_front.jpg : 43.3KB】

添付画像
【T221_9503-DGP_back1.jpg : 36.6KB】

添付画像
【T221_9503-DGP_back2.jpg : 37.4KB】

添付画像
【T221_9503-DGP_back3.jpg : 35.4KB】

添付画像
【T221_9503-DGP_back4.jpg : 30.1KB】

Re:3840x2400な液晶 T221(の中古品)
 大箸 MailHome  - 2009/7/7(火) 1:27 -

引用なし
パスワード
   >液晶自体の映りは特に問題なさそうです。
--
その後よく見たら、1箇所グリーンの常時点灯がありました。まぁ無問題です(^^;

>液晶、ケーブルともに着弾し、自宅常用機に中古のQuadro FX1400を2枚挿しして
>試してみましたが、EDID 45設定にて 1920x1200の4画面タイルな3840x2400状態で
>48Hzインタレース表示が出来ました。
--
上記の状態だと単に4画面が映っているだけなので、
私の目的であるCADでの使用を考えると、3840x2400を
1画面として認識させたいところです。
nViewで1枚の絵板からの2画面は束ねることは出来ますが、
2枚挿しの絵板からの計4枚を束ねる方法は思いつきません。
絵板を2枚使う限り、3840x1200を上下2枚か、1920x2400を左右2枚という状態しか
選べないような気がします。
ここはやはり絵板1枚で3840x2400@48Hzを目指したいところ。
T221には絵板のデュアルリンクDVI出力をシングルリンクDVIに分岐させる
専用コンバーターボックスが存在しており、それを使えば可能なようですが、
単体での入手は難しそうです。
そこで代わりにMatroxのTripleHead2GO Digital Editionを投入してみました...
...が今のところ目的の状態に至っておりません...orz
DVIケーブルの組み合わせやEDIDもいくつか変えてみましたが、
TripleHead2GOから2画面出力拾ってくれる組み合わせではT221上で
縦並びになってしまい、絵板から直接接続した分の3840x1200な画面と
重なってしまって(?)画面の1/4が真っ暗になるのでした...
...もうちょっとジタバタするかもですが、かなりあきらめムードです(^^;

なお、今のところQuadro FX1400, 1700, 1800はT221で使えましたが、
Quadro FX3500は相性悪いのか映りませんでした。
(ただし、TrpleHead2GOを挟むとWindows起動途中だけ映ったりはしました)
とりあえず、しばらくは Quadro FX1800 から直接2本接続で
3840x2400@24Hzで使っていこうと思います。

...ん〜しかしいっそのこと新品一式買っちゃおうか(爆

3840x2400@48Hz
 大箸 MailHome  - 2010/10/17(日) 1:51 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : LFH60-DualLinkDVI_for_T221.jpg
・サイズ : 98.8KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QFX1800_3840x2400_48Hz.png
・サイズ : 455.7KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : QFX1700_3840x2400_48Hz.png
・サイズ : 460.2KB
   >ここはやはり絵板1枚で3840x2400@48Hzを目指したいところ。
>T221には絵板のデュアルリンクDVI出力をシングルリンクDVIに分岐させる
>専用コンバーターボックスが存在しており、それを使えば可能なようですが、
>単体での入手は難しそうです。
--
トップページに書いた通り、レンダリングして動画を作ったりし始めたので
改めて3840x2400@48Hzを目指したくなりました。
ググッてみたところ、デュアルリンクDVIをT221のLFH60に突っ込むための
変換ケーブルをオクに出品されている方がいらっしゃるとのこと。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/mitshin2008
早速ポチッとな、落札即入金、速攻送られてきました。
手加工品とは思えない丁寧な仕上がりにも感激です。

>なお、今のところQuadro FX1400, 1700, 1800はT221で使えましたが、
>Quadro FX3500は相性悪いのか映りませんでした。
--
ここしばらくはQuadro FX4500でEDID 37にて3840x2400@25Hzで
運用していたので、まずはEDIDを06に変更し、着弾したケーブルを
QFX4500のDVIポート1に、これまで使っていたケーブルの片側をポート2に
つないでみました。
この状態で画面1を2624x2400、画面2を1216x2400とし、
nViewで水平スパンして3840x2400を狙う(OSはWinXP x64です)のですが、
Quadro FX4500だと画面1に2624x2400の設定が現れてくれず、断念。

Quadro FX3400では逆に画面2に1216x2400の設定が現れてくれません。
カスタム解像度を設定しようとすると、テストに失敗しつつも1216x2400設定が
現れるようになり、改めて画面のプロパティで設定するとその場では
2624x2400+1216x2400@48Hz表示になるのですが、nViewによる水平スパンを
試みると設定が崩れ、再起動すると1216x2400設定は消えてしまうということで、
Quadro FX3400も3840x2400@48Hzの常用は現実的ではない感じ。

一方、うまくいったのはQuadro FX1700とFX1800です。

FX1700は最初2624x2400側が水平に2分割され2624x2400分の画面が水平方向に
半分に圧縮されたものが2枚並んで表示されるという怪しい状態でしたが、
何かの拍子に正常になりました(^^;

で、FX1800の場合、画面2の方にはDisplayPortをDVIに変換するアダプターを
経由することになりますが、実はこのアダプター、意外と品質/相性がある模様!?

手元に3種類アダプターがあり、1つ目は壊れているのか他の液晶でも映らず(爆
2つ目は他の液晶では使えたのですが、T221では認識されず。
最後の3つ目、これはQuadro FX1800を積んだHPのワークステーションZ400の
付属品なのですが、これだとT221でも認識してくれました。
Foxconn製で0938とあったので2009年38週品!?
またVER.3とか表記もあり、改良される余地があったことを思わせます。
http://www.kirikaeki.net/cable/dp/addpmdvf/
のFAQを見ると、この手のアダプターには電子回路が仕込んであるようで、
また、
http://www.4gamer.net/games/085/G008506/20100331013/
とかの記事には
"「認証済み」のDisplayPort変換アダプタを利用すれば"
といったくだりもあり、やはり品質の差はあるようです。
...そのうち他のDisplayPort-DVI変換アダプターを捕獲して試してみようかな〜


しかしとにかくQuadro FX1800で3840x2400@48Hz化できたのは嬉しかったです。
改めて、mitshin2008さん、良いケーブルをありがとうございましたm(_ _)m

添付画像
【LFH60-DualLinkDVI_for_T221.jpg : 98.8KB】

添付画像
【QFX1800_3840x2400_48Hz.png : 455.7KB】

添付画像
【QFX1700_3840x2400_48Hz.png : 460.2KB】

DisplayPort -> Dual Link DVI変換
 大箸 MailHome  - 2013/6/30(日) 23:37 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : dp2dvi_package.png
・サイズ : 2.2MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : dp2dvi_front.png
・サイズ : 0.9MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : dp2dvi_back.png
・サイズ : 2.4MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : dp2dvi_fw2.0.png
・サイズ : 0.8MB
   >で、FX1800の場合、画面2の方にはDisplayPortをDVIに変換するアダプターを
>経由することになりますが、実はこのアダプター、意外と品質/相性がある模様!?

>といったくだりもあり、やはり品質の差はあるようです。
>...そのうち他のDisplayPort-DVI変換アダプターを捕獲して試してみようかな〜
--
2年半以上前ではあるのですが、上のようなこと書いてまして、
当時はこの辺りの事情を全く分かっていなかったなと恥ずかしい限り(^^;
今でも理解したとは言えないのですが、とにかくT221に対しては
アクティブ型の変換アダプターならうまく動いてくれるらしいと...

さて、時が進んで職場でWinXP撲滅キャンペーンが展開されることとなり、
Win7にOS入れ替えすべし、とお触れが出ました。
近頃はグラフィックボードをQuadro4000にしていて、WinXPでは
2624x2400 + 1216x2400でもビッグデスクトップ出来ていたのですが、
Win7では同じ解像度のディスプレイを並べた形でmosaicを利用しないと
T221でビッグデスクトップが実現出来ないらしいとかなんとか。
抜け道があるのか分からないので素直に1920x2400 + 1920x2400出力を
実現しなければと考え、DisplayPortからデュアルリンクDVIに変換してくれる
アクティブ型のアダプターを探してみることにしました。

今時国内ではこの手の製品の新品の扱いは見当たらないようだったので、
米国AmazonやeBayを利用して、
・Accell B087B-002B
・Dell/Bizlink XT625
を入手してみました。
この2つ、外見はラベルこそ違いますが共にF/W2.0との表記があり、
中身は同じ物のようです。
ねじ4つ外せば中身も比べられるかもと思いましたが、
実行するほどには意欲高まらず(^^;

で、mitshin2008さんのデュアルリンクDVI->LFH60ケーブルを買い増して
試したところ、両者とも問題なく機能し、Quadro4000 + Win7にて
1920x2400 + 1920x2400を実現、ビッグデスクトップ化することが出来ました。

最近は新品の4kモニターも出始めていますが、30型とかだと視線の移動量が
大きくて作業性としてはどうかなぁという予想もあるので、
まだまだT221でいけそうというのは嬉しいところ。
もうT221は入手不能かと思ったら在庫があるショップが見つかったので、
ついつい予備/自宅用としてポチってしまいました。
自宅に3D-CADも配備したので、T221は持って来いです。
...配備で満足しないで何かモデリングしないとですね(^_^;

添付画像
【dp2dvi_package.png : 2.2MB】

添付画像
【dp2dvi_front.png : 0.9MB】

添付画像
【dp2dvi_back.png : 2.4MB】

添付画像
【dp2dvi_fw2.0.png : 0.8MB】

・ツリー全体表示

Z9PA-D8
 大箸 MailHome  - 2012/11/12(月) 3:37 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z9PA-D8_XeonES_x2.jpg
・サイズ : 410.2KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z9PA-D8_CB-23.14.png
・サイズ : 0.8MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : Z9PA-D8_KS-155.6.png
・サイズ : 424.3KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : E5-2687W_3.5G_KS-90.0.png
・サイズ : 305.2KB
   超久しぶりにアキバに行ってきました。
狙いはASUSのATXなデュアルXeon板、Z9PA-D8です。

ATXなデュアルXeon板と言えばSuperMicro X9DRL-iFを捕獲していますが、
ES石では起動しないという不幸(笑)に見舞われて放置状態な訳でした。
そこにASUSからこの板が...ASUSならES石でも起動するでしょ、という
根拠の無い期待が持てるということで(^^;

この板、海外通販サイトでは結構割安な予価になっているものの
現在在庫があるところはざっと検索した感じでは見つからず、
国内通販でも休めの予価を出しているショップはあるものの
もう少し先じゃないと入荷しない雰囲気。
まぁ待てるなら待てばいいというか、待つしかない状況だといいなということで、
日曜の夕方ならもう売れてしまっているだろうと変な期待をしていましたが、
幸か不幸かしっかり在庫がありまして、一瞬迷いつつ、捕獲(^^;

で、期待通り、ES石でも起動してくれました。
ES石のデュアルも問題なく認識、動いてくれています。
タスクマネージャーのCPUグラフが32個というのはもちろん自己最多、
サーバー向け板なのでBIOSからクロックはいじれませんが、
デュアル3.1GHz(手持ちES石はターボ全コア全開は31倍まで)の
16コア/32スレッドのパワーは、予想通りとは言え、実際にCineBenchの
CPUスコア23オーバーとか目にすると「おぉぉ...」という感じです。
KeyShotはバージョン3.3で2.x時代と特性が変わっているので
過去のデータと比較できないのですが、常用機のE5-2687W@3.5Gの1CPUで
カメラのシーンがちょうど90FPS位なので、3.1Gの2CPU(メモリー遅め)で
155.6FPSというのは、ほぼほぼクロック&コア数に比例していると言えそう...
...ん〜、早く実戦というか実務に投入したいです。

とりあえず適当〜に空冷クーラーで試しましたが、
ATXサイズにデュアルLGA2011を詰め込んでいるのでかなり窮屈...
定格運用なのでガンガン冷やす必要はないと思いますが、
実運用時には水冷化しようかな...

...とかなんとか、どうしても道具が先になってしまいますが、
Photoshopや3D-CGソフトの使い方を覚えなければ(^_^;

添付画像
【Z9PA-D8_XeonES_x2.jpg : 410.2KB】

添付画像
【Z9PA-D8_CB-23.14.png : 0.8MB】

添付画像
【Z9PA-D8_KS-155.6.png : 424.3KB】

添付画像
【E5-2687W_3.5G_KS-90.0.png : 305.2KB】

・ツリー全体表示

i5-3570K
 大箸 MailHome  - 2012/4/11(水) 9:37 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-2500K-3570K_front.jpg
・サイズ : 451.4KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-2500K-3570K_back.jpg
・サイズ : 234.4KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : ASRock-Z77-Fatality-Pro-M.jpg
・サイズ : 442.0KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : IB-4.3G_CB11.5-7.08.png
・サイズ : 1.3MB
   蔦橋は当面4コア止まりのようでスルーかなと思っていたのですが、
i7-3770Kが売りに出てたというニュースを目にしてから気にするようにしていたら、
今度はi5-3570Kが売りに出ていたのでついついポチッとしてしまいました。
HyperThreading無しなのでレンダリングには分が悪いですが、
シングルスレッドなソフトもまだまだ速くなって欲しいということで(^^;

試食したら実家マシンを更新するか〜ということでMicro-ATXな板にしようと、
何も考えずASUSかなと思いましたが、なんとなくASRockなFatalityを捕獲。
比較用にi5-2500Kも用意して、しばし廻してみようかなと思います。

とりあえず石画像など...お約束でシリアルはぼかしてます。
BIOS(UEFI)は倍率以外はデフォルトのままで、
i5-2500KについてきたリテールクーラーでCINEBENCH限界は4.3Gほど、
このときVcoreはCPU-Z読みで1.2Vほどになっていました。
はてさて、Sandy Bridgeとどの程度差があるでしょうか...

添付画像
【i5-2500K-3570K_front.jpg : 451.4KB】

添付画像
【i5-2500K-3570K_back.jpg : 234.4KB】

添付画像
【ASRock-Z77-Fatality-Pro-M.jpg : 442.0KB】

添付画像
【IB-4.3G_CB11.5-7.08.png : 1.3MB】

i5-3570K vs i5-2500K 3.4G比較 Viewperf11
 大箸 MailHome  - 2012/4/13(金) 9:05 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-3.4G-2133_HD3K-perf_vpf11.png
・サイズ : 509.1KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : IB-3.4G-2133_HD4K-perf_vpf11.png
・サイズ : 0.6MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-3.4G_QFX1800_vpf11.png
・サイズ : 505.5KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : IB-3.4G_QFX1800_vpf11.png
・サイズ : 505.0KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-3.4G_QFX4500_vpf11.png
・サイズ : 498.4KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : IB-3.4G_QFX4500_vpf11.png
・サイズ : 496.9KB
   >で、砂橋→蔦橋で内蔵グラフィックも強化されているはずですが、
>ちょっと頼まれたこともあって、内蔵グラフィックでSPEC Viewperf11を
>走らせるという無謀気味なことを試しています。今夜あたり晒せるでしょうか...
--
ということで、内蔵グラフィックとQuadro FX1800、
ついでに往年のQaudro FX4500によるSPEC Viewperf11の結果です。

内蔵グラフィックの時はDDR3-2133設定、Quadroの時はDDR3-1333設定ですが、
メモリー設定はとかほとんど関係ないレベルで内蔵とQuadroが違い杉でした(^^;

砂橋HD3000と蔦橋HD4000の比較では、誤差程度の差しかない項目と、
倍近く伸びている項目に分かれています...改善されてるのは確からしい(^^;;
Quadro FX4500は古いGPUなのでWin7環境にはちょっと酷なのかもですが、
それでも最新の内蔵グラフィックより全般的に良いスコアです。

ベンチマークが全てではありませんが、やはり内蔵グラフィックのマシンを
3D-CAD端末ですよって導入するのは気が引けますね(^^;;;

添付画像
【SB-3.4G-2133_HD3K-perf_vpf11.png : 509.1KB】

添付画像
【IB-3.4G-2133_HD4K-perf_vpf11.png : 0.6MB】

添付画像
【SB-3.4G_QFX1800_vpf11.png : 505.5KB】

添付画像
【IB-3.4G_QFX1800_vpf11.png : 505.0KB】

添付画像
【SB-3.4G_QFX4500_vpf11.png : 498.4KB】

添付画像
【IB-3.4G_QFX4500_vpf11.png : 496.9KB】

空冷CINEBENCH限界は...
 大箸 MailHome  - 2012/4/14(土) 19:03 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-2500K_4.6G_CB-7.29.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-2500K_5.2G_CB-8.25.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-3570K_4.4G_CB-7.32.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-3570K_4.6G_CB-7.66.png
・サイズ : 1.1MB
   サイズの初代無限(SCINF-1000)のファンを2300rpmくらいのうるさいファンに替え、
Vcoreと倍率をいじってCINEBENCH R11.5が完走する限界を調べてみました。

が、

比較のために用意したi5-2500Kは
・1.300V設定で4.6G
・1.550V設定で5.2G
まで完走。これに対しi5-3570Kは、
・1.300V設定で4.4G
・1.500V設定で4.6G
と、予想外というか期待外れの結果に...orz

砂橋はそれらしく廻っているので板の素性は悪くなさそうですが、
まだ蔦橋向けにはBIOS/UEFIがこなれてないのか、単に石の引きが悪いのか、
まさか現状の22nmはこんなもんなのか...それはないか...
やはりちょっと別の板でも廻してみたいところです。

...ん〜、最初からASUS板で試食してればあきらめもついたか!?(^^;;;

添付画像
【i5-2500K_4.6G_CB-7.29.png : 1.1MB】

添付画像
【i5-2500K_5.2G_CB-8.25.png : 1.1MB】

添付画像
【i5-3570K_4.4G_CB-7.32.png : 1.1MB】

添付画像
【i5-3570K_4.6G_CB-7.66.png : 1.1MB】

殻割
 大箸 MailHome  - 2012/4/27(金) 2:44 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-3570K_open_1.jpg
・サイズ : 0.7MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-3570K_open_2.jpg
・サイズ : 0.7MB
   >砂橋はそれらしく廻っているので板の素性は悪くなさそうですが、
>まだ蔦橋向けにはBIOS/UEFIがこなれてないのか、単に石の引きが悪いのか、
>まさか現状の22nmはこんなもんなのか...それはないか...
>やはりちょっと別の板でも廻してみたいところです。
>
>...ん〜、最初からASUS板で試食してればあきらめもついたか!?(^^;;;
--
ASUS Maximus V Geneでも廻してみましたが、
CINEBENCH限界はASRock板と変わらない感じでした。

で、大佐が早速殻割してるのを見て吹いたので、お付き合いしておきます(笑
うちのi5-3570Kもグリス風味でした。

各所情報見ながらπ焼きリハビリしていたものの、
ちょっと追いつける気がしなくて嫌になってきていたのですが、
もうちょっと時間かけてみますか(苦笑)

添付画像
【i5-3570K_open_1.jpg : 0.7MB】

添付画像
【i5-3570K_open_2.jpg : 0.7MB】

空冷耐性変化なし
 大箸 MailHome  - 2012/4/28(土) 22:34 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : i5-3570K_4.6G_CB-7.61.png
・サイズ : 1.4MB
   >で、大佐が早速殻割してるのを見て吹いたので、お付き合いしておきます(笑
>うちのi5-3570Kもグリス風味でした。
--
グリスを塗り直してヒートスプレッダを戻し(乗せただけ)、
生存確認してみました。
空冷CINEBENCH耐性は1.5Vで4.6Gと、殻割前に比べて
良くも悪くもなっていない感じです。
まぁ割るのは大佐と私だけで十分ってことで(笑

まもなく国内正式発売開始ですが、耐性はどんな感じでしょうか...
...アキバ行こうかと思いましたが、今は深追いしないでおこうという気分です(^^;

添付画像
【i5-3570K_4.6G_CB-7.61.png : 1.4MB】

・ツリー全体表示

SuperMicroのRomley板
 大箸 MailHome  - 2012/2/26(日) 16:15 -

引用なし
パスワード
   Akiba PC Hotline!のDriver/BIOS更新情報を見たら
SuperMicroの欄に
X9DR3-LN4F+/X9DRi-LN4F+ BIOS R1.0b - X9DR3P2.zip
http://www.supermicro.com/support/bios/
なんて書いてあったので見てみたら、Romley板でした。
X9DR3-LN4F+でググったところ、
X9_Rmap-12-19-customers-Final.pptx
というPowerPoint資料へのリンクが見つかりました。
画像も豊富でなかなか細かい資料です。

SuperMicro...にするかどうか分かりませんが、
デュアルLGA2011板は捕獲してみようと思っています...
...ステッピングの新しい高クロックなES石が出てくると良いのですが(^^;

X9DRL-iF着弾
 大箸 MailHome  - 2012/4/14(土) 14:28 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : X9DRL-iF_arrival.jpg
・サイズ : 0.7MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : X9DRL-iF_board.jpg
・サイズ : 399.9KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : X9DRL-iF_IO-panel.jpg
・サイズ : 237.5KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : X9DRL-iF_PLL.jpg
・サイズ : 197.8KB
   >SuperMicro...にするかどうか分かりませんが、
>デュアルLGA2011板は捕獲してみようと思っています...
--
デュアルCPU可能で倍率上限ロック解除な石の情報が出てこない中、
あまり気合の入ったデュアル板を捕獲しても持て余しそうなのと、
そもそもデュアル板はサイズが大きくて手持ちケースでは収まらない、
ということでX9DRL系が手頃で良さそうと捕獲を試みていましたが、
海外通販では3件あたってみたいずれのショップでも結局入荷見通したたずで
キャンセルとなってしまっていました。

これはもう国内入荷を待つしかないかと探していたところ、
マイスペックさんで1週間以内に出荷可能なマークがついているのを発見、
海外価格に比べるとやや割高でしたが、ポチッと注文してみました。
海外でも在庫怪しい中、正直本当に1週間で来るのかなと思っていたところ、
4日後の今日さきほど、あっさり着弾しました!
マイスペックさんからの買い物は初めてだったというのはありますが、
ちょっとでも疑ってごめんなさいです(^^;;;

ということで、とりあえず着弾したものを晒してみます。
...クロック制御しているのはICS 932SQ420DGLFでしょうか。

>...ステッピングの新しい高クロックなES石が出てくると良いのですが(^^;
--
その後3.1GHz品を見かけましたが、ちょっと踏ん切りがつかず見送り、
代わりに3.0GHz品を1つ追加しました。
素直に3.0GHz品ES2つで組んでみるのが無難かと思いますが、
気が向いたら、最初に捕獲した1.6GHz品はこの板なら動くのか、
ES3.0GHz品とリテール3.1GHz品(E5-2687W)を組み合わせて動くのかとか、
試してみるかもしれません(^^;

添付画像
【X9DRL-iF_arrival.jpg : 0.7MB】

添付画像
【X9DRL-iF_board.jpg : 399.9KB】

添付画像
【X9DRL-iF_IO-panel.jpg : 237.5KB】

添付画像
【X9DRL-iF_PLL.jpg : 197.8KB】

一応起動しましたが(^^;
 大箸 MailHome  - 2012/4/15(日) 11:31 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : X9DRL-iF_E5-2687W_CB-12.83.png
・サイズ : 1.2MB
   >その後3.1GHz品を見かけましたが、ちょっと踏ん切りがつかず見送り、
>代わりに3.0GHz品を1つ追加しました。
>素直に3.0GHz品ES2つで組んでみるのが無難かと思いますが、
>気が向いたら、最初に捕獲した1.6GHz品はこの板なら動くのか、
>ES3.0GHz品とリテール3.1GHz品(E5-2687W)を組み合わせて動くのかとか、
>試してみるかもしれません(^^;
--
いやいや無知とは恐ろしいというか下調べが足りないというかナメてたというか、
マニュアルを読んだら95WまでのCPUをサポートということになってました(恥
それでビビッて、まずはTDP低そうな1.6GHz品のESを載せてみましたが起動せず。
まぁこの石はX79板でも起動しなかったしと、次に3.0GHz品のESを試すも起動せず。
仕方なくリテール品のE5-2687Wを載せてみたら、ようやく起動...
幸いCINEBENCH走らせたくらいで萌えることはありませんでしたが、
E5-2687Wは150W枠ということで、間違いなくキャパオーバーです。
少ないマザーボード面積に詰め込める電源回路が限られるのも当たり前で、
捕獲前にマニュアルはダウンロードして開いていたものの、
もっとちゃんと読んで考えれば良かったなぁと...orz

しかしES石で起動しないというのは誤算でした。
ES石はSuperMicro板でも動作報告されているのを目にしていたので、
当然動くものと思っていましたが、製品出荷版BIOSではガードかかるのか...!?
95W制限は、
「見なかったことにして電源回路のヒートシンクに風当てて、祈る」
ことにしても、起動しないものはどうにもなりません(爆死

他にも、CPU-Z1.60はMonitoringの表示で止まって起動完了しないとか、
オンボードのMatrox G200はWin7環境ではやはり厳しそうとか、
なぜか steel seriesのUSBマウス、XAI を認識しない?とか、
(このマウスはドライバーに私に必要な機能がなかったのでどうでもいいですが)
ちょっと普通の感覚から外れる部分はあったのですが、この辺りは、
「起動してネットワークレンダリングのジョブを受け付けてくれさえすれば十分」
と割り切ることができたのですが...

ということで、あわよくばSetFSBでクロックいじれたらとかいう妄想も吹き飛び、
この板どうしたもんかなぁと(^^;
95Wのリテール品Xeonを2つ買うくらいだったらASUS Z9PE-D8 WSを試したいし、
そうするとやはりケースは新調か、とか...
...結局、中途半端にケチるなってことでしょうか(苦笑

添付画像
【X9DRL-iF_E5-2687W_CB-12.83.png : 1.2MB】

・ツリー全体表示

Sandy Bridge-E 8コアES石
 大箸 MailHome  - 2011/11/4(金) 23:54 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_Q19D_front.jpg
・サイズ : 493.1KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_Q19D_back.jpg
・サイズ : 0.7MB
   FX-8150が無事キャンセル出来たので、代わりに帝國の石をポチッとな(笑
Sandy Bridge-EのES石、1.6GHzと低クロックですが、8コアだそうです。
海外サイトにはとっくに石写真も出ていますが、実際手にしてみると、
やはり大きいです。

画像の右側が今回入手したES石、左側はi7のES石です。
i7のES石は出所がはっきりしているので隠すこともないかもですが、
一応ES石はシリアルっぽい部分は隠すのがマナーかなというところで(^^;

しかし石はあってもLGA2011な板は手配できておりません。
あと10日ほどで発売になるはずですが、そもそもこのES石を乗せても
起動してくれるのか全く保証はない訳で、久しぶりにドキドキワクワク!?
起動しなかったらXeon E5-2600系を待つ予定ですが...待てないかなぁ(^^;;;

添付画像
【SB-E_Q19D_front.jpg : 493.1KB】

添付画像
【SB-E_Q19D_back.jpg : 0.7MB】

Re:ASRock X79 Extreme4にて
 大箸 MailHome  - 2011/11/17(木) 0:19 -

引用なし
パスワード
   >私は最近なんとなくお気に入りなASRockの X79 Extreme4 を捕獲。
>で、さっそく8コアES石を載せて電源投入してみましたが、
>ポストコード19まで表示したところでストンと電源落ちて再起動、
>というループに入るだけで、残念ながら起動しませんでした(^^;

>入手したES石は8コアということで、ほぼ間違いなくXeonな性格なはずなので、
>ECCメモリーなら起動してくれるのかもしれません!?
>
>ということで、明日以降、アークさんに行って
>ECCなDDR3メモリーを捕獲してこようかと思いますが...
--
えぇっと、はい、ECCメモリーを豆乳してみましたが同じですた(爆死

あれ、そんなところに大佐から鳩が...あ、なんかBIOS添付されてますが...
いや、でも、普通の石がないから起動できないので焼けないんですが(更爆死

>...それでも起動しなかったら来年Xeon板が出るのを待つことにします(^_^;
--
とか書きましたが、BIOSまで送って頂いたりすると、
どうにか起動させたくなって来る訳で(^^;
そもそもこのES石、生きてるのか不安にもなりますが、
3930KかASUS板を入手したくなってきました...
...結局両方捕獲することになりそうな悪寒(^^;;;


なお、DDR3-1600なECCメモリーは
http://www.memory4less.com/m4l_itemdetail.aspx?itemid=1460158029&partno=MT18JSF51272AZ-1G6D1&rid=fd_10
とかが検索に引っ掛かりましたが、大変素敵なお値段であります(-人-)

Sandy Bridge-E 8コアES石3.0GHz品
 大箸 MailHome  - 2011/12/17(土) 14:46 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_8x_3.1G_KS2-93.2.png
・サイズ : 238.7KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_8x_3.1G_CB-12.06.png
・サイズ : 1.1MB
   >そもそもこのES石、生きてるのか不安にもなりますが、
>3930KかASUS板を入手したくなってきました...
>...結局両方捕獲することになりそうな悪寒(^^;;;
--
結局3930KもASUS板も捕獲しましたが、
8コアES石1.6GHz品は起動に至りませんでした(^^;

それから再び何か石落ちてないかとちょくちょく覗いていたのですが、
前の日曜日に3.0G品が落ちていることに気づき、価格も3930Kより
安かったので即座にポチッとな、そして本日着弾しました。

早速ASUS P9X79Proに載せてみましたが、あっさり起動します。
一体1.6GHz品はなんだったのでしょうか(爆死

3.0GHz品ですが、負荷かけると3.1GHzで動いてくれましたが、
32倍以上をBIOSで設定しても無視されて31倍止まりでした。
それならベースクロックを上げようかと思いましたが、
残念ながら125MHzとか設定しても起動しませんでした。
ヒートスプレッダにマジック書きされていた記号からは
B0ステッピング品のようで、100MHzしか対応してないっぽいです。

ということでクロック上げて遊べないのですが、8コアではあるので
それなりの仕事はしてくれて、KeyShotは93.2、CineBenchは12.06とか
スコアが出ています。
手持ち3930Kは4.7GHz辺りまで6コア稼働できそうで、
4.7x6=28.2と3.1x8=24.8という比率にそったスコアが出ていました。
...3930Kの検証画像も残しつつあったのですが、SSD突然死で消滅(爆死

ほぼほぼ入手価格に比例したパフォーマンスを入手できたと思えば
そんなに不満もないのですが、やはり来年は8コアで倍率ロック解除された
LGA2011石の登場を期待したいところです(^_^;

添付画像
【SB-E_8x_3.1G_KS2-93.2.png : 238.7KB】

添付画像
【SB-E_8x_3.1G_CB-12.06.png : 1.1MB】

Re:Sandy Bridge-E 8コアES石3.0GHz品
 大箸 MailHome  - 2011/12/26(月) 9:20 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_8x_3382.0_KS2-103.2.png
・サイズ : 238.9KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_8x_3382.0_CB-13.12.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_8x_3603.5_SP1M.png
・サイズ : 105.0KB
   >3.0GHz品ですが、負荷かけると3.1GHzで動いてくれましたが、
>32倍以上をBIOSで設定しても無視されて31倍止まりでした。
>それならベースクロックを上げようかと思いましたが、
>残念ながら125MHzとか設定しても起動しませんでした。
>ヒートスプレッダにマジック書きされていた記号からは
>B0ステッピング品のようで、100MHzしか対応してないっぽいです。
>
>ということでクロック上げて遊べないのですが、
--
上のようなことを書いておりましたが、
全くクロック上げられない訳ではありません。
Sandy Bridgeで競技目的でベースクロック上げたことがないので
どの辺がベースクロック限界的なものなのか分かっていませんが、
とりあえず極短時間なら109MHz辺りまではOC可能でした。
109MHz超えで8コア全負荷だと5分くらいでフリーズします。
まな板室内解放の水冷(Kuhler H20 620)ですが、電圧全てデフォルトで
108MHzなら問題なく常用出来そうな雰囲気。

また、31倍止まりと書いていましたが、シングルスレッドな負荷なら
33倍まで上がってくれるようです。
なお、添付したπ焼き画像はX79Extreme4のBIOSが1.40になっていますが、
1.60の方が不具合なくパフォーマンスも1%未満ながら微増している印象です。

倍率ロックが本当に残念ですが、

> 手持ち3930Kは4.7GHz辺りまで6コア稼働できそうで、
> 4.7x6=28.2と3.1x8=24.8という比率にそったスコアが出ていました。
--
108x31x8≒3.35x8=26.8となって、お得感が少し高まりました。
ということで、3930Kはしばし温存、この8コアES石3.0GHz品と
ASRock X79Extreme4(→普通に起動しました)で自宅マシンを置き換えました。


今現在、8コアESのC0ステッピングと称する3.1GHz品も売りに出ています。
これだとシングルスレッドなら38倍、マルチスレッドでも34倍駆動に
なるようですが、値段がなかなか素敵なことになっているのはさておき、
この売主から買った最初の1.6GHz品が起動できなかったということで、
ちょっと手が出しにくいところ(爆
いづれ3.0GHz品を放出してくれた方が割安に3.1GHz品も出してくれるかな〜?(^_^;

添付画像
【SB-E_8x_3382.0_KS2-103.2.png : 238.9KB】

添付画像
【SB-E_8x_3382.0_CB-13.12.png : 1.1MB】

添付画像
【SB-E_8x_3603.5_SP1M.png : 105.0KB】

Xeon E5-2687W
 大箸 MailHome  - 2012/3/8(木) 2:58 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_x8_3.4G_KS2-101.2.png
・サイズ : 247.8KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_x8_3.4G_CB-13.12.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : SB-E_x8_3.57G_KS2-106.7.png
・サイズ : 247.1KB
   SandyBridge-E なXeonが発表とともに発売されまして、
定格クロックが一番高い E5-2687W を捕獲してみました。

ASUS P9X79 WSに載せてみたところ、出荷時BIOS0402でも認識。
公式最新BIOS0802に更新してみましたが、
やはり倍率ロックはかかっているようです、大変残念...orz
仕様ではシングルスレッドなら38倍になってくれそうですが、
今のところその状態にはお目にかかっていません。
8コアフル稼働だと34倍まで上がるようです。

このE5-2687W、ステッピングC2でしたが、
ベースクロックが伸びるようになった訳でもないようで、
105MHz辺りがせいぜいでした。個体差レベルなのでしょうが、
ES品より下がるとはちょっとショックかも(^^;

で、8コアES石3.0GHz品をいじったときにKeyShot2のスコア比較で

>> 手持ち3930Kは4.7GHz辺りまで6コア稼働できそうで、
>> 4.7x6=28.2と3.1x8=24.8という比率にそったスコアが出ていました。
>--
>108x31x8≒3.35x8=26.8となって、お得感が少し高まりました。

のように書いていましたが、今回のE5-2687Wは105x34x8≒3.57x8=28.56となり、
手持ちのi7-3930Kとほぼほぼ同じということになります。
...コストパフォーマンス悪し(爆死

さてこうなると、手持ちES石と一緒にデュアル板に載せてみたいところです。
倍率ロックされてる、ベースクロックも伸びないっぽいということで、
OC設定が無さそうor少なそうな板でも良さそうですが、はてさて...

いやしかしここへ来て、今月か来月には出そうなKeyShot3.1で、
ようやくネットワークレンダリングが公式サポートになるようなので、
デュアル板にこだわる必要性も下がった感じもあったりするという(^^;;;

ん〜でもこれ、今後倍率ロック解除された8コア石が出るんでしょうか...
...せめて倍率ロックを解除するソフトを販売してもらえればなと(苦笑

添付画像
【SB-E_x8_3.4G_KS2-101.2.png : 247.8KB】

添付画像
【SB-E_x8_3.4G_CB-13.12.png : 1.1MB】

添付画像
【SB-E_x8_3.57G_KS2-106.7.png : 247.1KB】

・ツリー全体表示

FX-8150
 大箸 MailHome  - 2011/10/13(木) 8:19 -

引用なし
パスワード
   Zambeziがここまでお通夜状態になるとは思っていなかったので、
エルミタに入荷見込みの記事が出た辺りからAsrockな990FX板や
比較用にPhenomII X6 1090Tの中古を入手したりしていました(^^;
しかし水冷付属は邪魔&無駄だなと思い、海外から素の石を
引っ張れないかなとGoogle Shoppingでちょくちょく検索を。
検索に引っかかっては消えというのを繰り返していましたが、
正式発表となった今現在、FX-8150を扱うショップは2件見つかります。
で、Bottom Line Telecommunicationsの方がTrayとなっているので、
水冷が付属しない、いわゆるバルク版だろうと判断し、
10月6日に発注をかけました。
その後、入荷予定日や個数に変更が入って、現時点では
10月18日に16個入荷となる予定のようです。
http://www.shopblt.com/cgi-bin/shop/shop.cgi?action=enter&thispage=011003000503_BLA5915P.shtml&order_id=!ORDERID!
日本国内の発売予定も10月16日がキャンセルされて10月下旬となったので、
似たようなタイミングで着弾するのではないかと...
...まぁ期待して待つほどのモノではなさそうですが(^^;;

同クロックの1090Tとi7-2600Kでレンダリング比較してみたりしていますが、
SandyBridgeの出来の良さを改めて実感するばかり。
HyperThreadingの効きが2割程度のCineBench R11.5では
劇的な差ではないですが、4割程度効くKeyShotではかなりの差。
私がレンダリングに使っているのはKeyShotなので、
ZambeziになってSandyBridge並みにクロック上げられるように
なったとしても、お話にならないだろうなと...orz
まぁでも、久しぶりにPCパーツいじるのは楽しいです(^_^;

FX-6100
 大箸 MailHome  - 2011/10/23(日) 14:25 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 990FX_Ex4_BIOS_Vcore.jpg
・サイズ : 399.0KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 990FX_Ex4_BIOS_Core-Ctrl.jpg
・サイズ : 375.5KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2600K-3.8_CB-7.47.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2600K-3.8_KS-61.4.png
・サイズ : 243.7KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1090T-3.8-NB2.0_CB-6.67.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1090T-3.8-NB2.0_KS-44.7.png
・サイズ : 242.9KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : FX6100-3.8G-x6_CB-4.35.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : FX6100-3.8G-x6_KS-34.8.png
・サイズ : 244.0KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : FX6100-3.8G-x3_CB-2.75.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : FX6100-3.8G-x3_KS-21.2.png
・サイズ : 244.1KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : FX6100-3.8G-x6_CB-tmp.png
・サイズ : 294.5KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 1090T-4.0-NB2.0_KS-47.3.png
・サイズ : 240.8KB
   > その後、入荷予定日や個数に変更が入って、現時点では
> 10月18日に16個入荷となる予定のようです。
--
掲示板上部のつぶやき欄?(今さらtwitter始めますか(笑))に書いてきたように、
BLTのFX-8150 Tray版は、10/15に4個入荷予定だったのが10/18に16個に変わり、
その後10/21に後退して現在Noneとなっています(^^;
同じBLTでBox版は10/27に入荷予定だったのが10/31に後退しているようで、
Box版の方がTray版より安かったりもして、もうキャンセルしてSandy-Eに
回せばって感じになっておりました。

で、FX-6100と4100が本日10/23に販売になった訳ですが、
昨夜4Gamerの無慈悲なレビュー記事(爆)を見て更に萎えたものの、
FX-6100試してこの目で駄目っぷりを確認してからFX-8150キャンセルするかと
無理やりな理由をつけ、先ほど都内ショップで捕獲してきました。
店員さん、「え、マジで買うの?」という表情も見せることなく
快く売ってくれましたが(当たり前か)、当然開店直後に買おうなんて方は
いなかったらしく、そのショップでは私が購入1号だったようです。
おまけでFX-8150のクリアファイルを頂きましたが、これには店員さんも、
FX-8150のクリアファイルなのにFX-8150自体は無いという(^^;と苦笑してました。

で、ASRock 990FX Extreme4 に載せてみましたが、
まだまだBIOSはこなれてないようです。
Phenom II X6-1090Tからの載せ替えで、さすがとブートは問題ありません。
早速BIOSで倍率変更してみましたが効かず、一旦AutoにしてManualに戻したら
倍率設定は効くようになりました。しかしVcore設定は効かない...というか、
Vcore設定しようとすると大変素敵な表示になったりします(爆

無効化されたコアの復活とかの項目は現れませんでしたが、
One Core per Unit/Two Cores/Four Coresという選択はできました。
上でVcore設定は効かないと書きましたが、Two Cores, Four Cores設定のときは
ちゃんと効くようです。また、Two Cores, Four Cores設定のときは無負荷でも
倍率&VcoreともBIOS設定通り全開となる状態に設定できますが、
6コア有効時とOne Core per Unit設定時は、無負荷では7倍でVcoreも降下する
という動作にしかなりませんでした。

6コア(というか3モジュール)有効時にVcore設定が無視されることで、
クロックを上げて負荷かけるとCPU-Zの表示は1.2〜1.25V位の表示になりましたが、
いくつかのコアがBIOS設定以下に動的に倍率下げられるという動作を見せました。
付属CPUクーラーだと3.8GHz設定で負荷をかけると1つか2つ位のコアが3GHzに
減速されるようでした(減速されるコアは時々で入れ替わります)。

とまぁそんな状態なのでまともにベンチマークできないのですが、

>同クロックの1090Tとi7-2600Kでレンダリング比較してみたりしていますが、
>SandyBridgeの出来の良さを改めて実感するばかり。
>HyperThreadingの効きが2割程度のCineBench R11.5では
>劇的な差ではないですが、4割程度効くKeyShotではかなりの差。
>私がレンダリングに使っているのはKeyShotなので、
>ZambeziになってSandyBridge並みにクロック上げられるように
>なったとしても、お話にならないだろうなと...orz
--
Phenom II X6-1090T、FX-6100、i7-2600Kを3.8GHzのDDR3-1600に揃えて、
CineBench と KeyShot という2つのレンダリングソフトを走らせてみました。

i7-2600K, 3.8G-4C8T, CB: 7.47, KS: 61.4 (誤記訂正、2011年11月21日)
X6-1090T, 3.8G-6C,  CB: 6.67, KS: 44.7
FX-6100, 3.8G-3M6C, CB: 4.35, KS: 34.8
FX-6100, 3.8G-3M3C, CB: 2.75, KS: 21.2

FX-6100@3.8G-3M6Cの結果は1つのコアが3G動作になったりしてるのを
多少は割り引く必要はあるかもですが、これはもう報じられている通り、
全くお話になりません。

X6-1090TとFX-6100の6コア比較では、CineBenchで1.53倍、KeyShotで1.28倍と、
KeyShotの方がZambeziに優しいという結果になりましたが、それでもコア辺りの
能力は、ZambeziはThubanの78%程度(CineBench的には65%程度)ということに。

また、FX-6100の3M6Cと3M3Cのスコアを比較するとCineBench、KeyShotともに
1.6倍前後の伸びに留まっており、少なくともこれら2つのレンダリング
ソフトに対しては、FPU共有という仕組みのデメリットが見て取れるようです。

もっとも、Pen4とK8を同クロック比較で論じる人はいないと思うので、
同様にZambeziも、その狙いとする高クロック状態...常用OCレベルで
比較するのが、個人的に実用上意味のある比較かなとは思います。
しかしそれならそれで、うちのX6-1090Tだと4GHz辺りまで回せそうなので、
FX-6100はKeyShot的に5.1G、CineBench的には6.1Gを超える辺りまで回さないと
X6-1090Tにすら及ばないことになります。これは多分、今後BIOS改善されて
Vcore設定反映されるようになっても、常用OCレベルでは無理っぽいなと...

...そうすると、じゃぁFX-8150ならどうかですが、単純にコア増量分スコアが
伸びるとして、KeyShot的には3.8Gちょい、CineBench的には4.6G辺りまで回せば
X6-1090T@4Gに追いつけそうです。4.6Gは、たぶん、いけそうな気がしますが、
そこから上はどうだろうと考えると、CineBench的にはZambezi美味しくなさそう。
KeyShot的にはFX-8150@4.6Gで56くらいのスコアになりそうで、X6-1090T@4Gの
47.3に対して2割弱のアドバンテージになりますが、それでも3.8GのSandyにすら
負けている訳で、やはり、どうにもならない駄目っぷりということになります。
...4Gamerのレビュー記事担当された方の気持ちが分かったような気がします(^^;;;

ということで、FX-8150はすっぱりとキャンセルで良さそうなのですが、
それにしてもどうしてこんなパフォーマンスで出荷したのか不思議です。
BIOSのこなれ具合からしても準備不足なのははっきりしていますし...
...今のBIOSは本当にZambeziのキャッシュ周りに対応仕切れてるんでしょうか?
L1がライトスルーだなんて話を聞きますが、これがライトバックに設定できる
BIOSが後から出てくるとか、B3ステッピングでライトバックになるとか...

追記:BIOS and Kernel Developer's Guide や Datasheetに
L1データキャッシュはwrite-throughと明記してあるのを確認しました。
仕様のようで、BIOSでどうこうではなさそうです...orz

...やはりないんですかねぇ...合掌(-人-)

添付画像
【990FX_Ex4_BIOS_Vcore.jpg : 399.0KB】

添付画像
【990FX_Ex4_BIOS_Core-Ctrl.jpg : 375.5KB】

添付画像
【2600K-3.8_CB-7.47.png : 1.1MB】

添付画像
【2600K-3.8_KS-61.4.png : 243.7KB】

添付画像
【1090T-3.8-NB2.0_CB-6.67.png : 1.1MB】

添付画像
【1090T-3.8-NB2.0_KS-44.7.png : 242.9KB】

添付画像
【FX6100-3.8G-x6_CB-4.35.png : 1.1MB】

添付画像
【FX6100-3.8G-x6_KS-34.8.png : 244.0KB】

添付画像
【FX6100-3.8G-x3_CB-2.75.png : 1.1MB】

添付画像
【FX6100-3.8G-x3_KS-21.2.png : 244.1KB】

添付画像
【FX6100-3.8G-x6_CB-tmp.png : 294.5KB】

添付画像
【1090T-4.0-NB2.0_KS-47.3.png : 240.8KB】

一応、990FX Extreme4 BIOS更新...
 大箸 MailHome  - 2011/11/21(月) 23:55 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : FX6100-3.8G-D3-1600_CB-4.68.png
・サイズ : 1.1MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : FX6100-3.8G-D3-1600_KS-37.2.png
・サイズ : 241.6KB
   >で、ASRock 990FX Extreme4 に載せてみましたが、
>まだまだBIOSはこなれてないようです。
>Phenom II X6-1090Tからの載せ替えで、さすがとブートは問題ありません。
>早速BIOSで倍率変更してみましたが効かず、一旦AutoにしてManualに戻したら
>倍率設定は効くようになりました。しかしVcore設定は効かない...というか、
>Vcore設定しようとすると大変素敵な表示になったりします(爆
>
>無効化されたコアの復活とかの項目は現れませんでしたが、
>One Core per Unit/Two Cores/Four Coresという選択はできました。
>上でVcore設定は効かないと書きましたが、Two Cores, Four Cores設定のときは
>ちゃんと効くようです。また、Two Cores, Four Cores設定のときは無負荷でも
>倍率&VcoreともBIOS設定通り全開となる状態に設定できますが、
>6コア有効時とOne Core per Unit設定時は、無負荷では7倍でVcoreも降下する
>という動作にしかなりませんでした。
--
11月18日付けでExtreme4のBIOS1.50が出ていたので、一応更新してみました。
Vcore設定時の素敵な表示は解消、無負荷でもBIOS設定通りの倍率のままという
状態に出来るようになりましたが、メモリータイミング設定周りが怪しげに(^^;

>6コア(というか3モジュール)有効時にVcore設定が無視されることで、
>クロックを上げて負荷かけるとCPU-Zの表示は1.2〜1.25V位の表示になりましたが、
>いくつかのコアがBIOS設定以下に動的に倍率下げられるという動作を見せました。
>付属CPUクーラーだと3.8GHz設定で負荷をかけると1つか2つ位のコアが3GHzに
>減速されるようでした(減速されるコアは時々で入れ替わります)。
>
>とまぁそんな状態なのでまともにベンチマークできないのですが、
--
で、全コア3.8GHzで走るようになったので、改めてCINEBENCHとKeyShotを
走らせてみたところ、
FX-6100, 3.8G-3M6C, CB: 4.68, KS: 37.2
となりました。

先の結果は

>同クロックの1090Tとi7-2600Kでレンダリング比較してみたりしていますが、

>Phenom II X6-1090T、FX-6100、i7-2600Kを3.8GHzのDDR3-1600に揃えて、
>CineBench と KeyShot という2つのレンダリングソフトを走らせてみました。
>
>i7-2600K, 3.8G-4C8T, CB: 7.47, KS: 61.4
>X6-1090T, 3.8G-6C,  CB: 6.67, KS: 44.7
>FX-6100, 3.8G-3M6C, CB: 4.35, KS: 34.8
--
こんなんだった(i7-2600Kを4C4Tと誤記していました。正しくは4C8Tです)ので、
7%前後スコアが良くなっています。これは前回6コア中2コアが3.0Gに落ち、
残り4コアが3.8Gで回っていたと考えるとちょうど計算が合いそうですが、
BIOS更新でほんのり速くなっている面もあるのかどうか...

まぁとにかく、

>FX-6100@3.8G-3M6Cの結果は1つのコアが3G動作になったりしてるのを
>多少は割り引く必要はあるかもですが、これはもう報じられている通り、
>全くお話になりません。
--
という結論に変化はありませんでした。

残念ながら、これにて手持ちAM3+環境は処分決定となりそうです...(-人-)

添付画像
【FX6100-3.8G-D3-1600_CB-4.68.png : 1.1MB】

添付画像
【FX6100-3.8G-D3-1600_KS-37.2.png : 241.6KB】

・ツリー全体表示

i7-2600K
 大箸 MailHome  - 2011/1/17(月) 0:50 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 980X-4.2G_2C2T_CB-2.90.png
・サイズ : 1.3MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 980X-4.2G_2C2T_KS-21.8.png
・サイズ : 259.4KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2600K_4.2G_2C2T_CB-3.33.png
・サイズ : 1.5MB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2600K_4.2G_2C2T_KS-24.5.png
・サイズ : 266.8KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2600K_5.1G_4C8T_KS_83.4.png
・サイズ : 265.0KB
   SandyBridge発売から1週間、私もi7-2600Kを1つ入手してi7-980Xと
レンダリング面での性能を比較していました。
ちょっと自分のための整理の意味も含め、書き込みしておこうと思います。

板はASUS P8P67とGIGABYTE GA-P67A-UD3Pの2枚を試していますが、
SandyBridgeのクロックを上げるにはCPU内部に取り込まれたPLLの電圧を
上げるのが重要なようで、ASUS、GIGABYTE両者の板の最新BIOSには
その機能が盛り込まれています。
どちらも最新BIOSはベータなので板の素性をとやかくいえる時期ではないとは
思いますが、5G近辺での起動確実性、リセットボタンの確実性という基本的な
挙動を見ると、私がいじった2枚ではGIGAの方がずっと安定している印象です。
残念ながらUD3Pの最新BIOS、F6AではSATAをAHCIに設定するとデバイス探しに
いったところでBIOS画面が止まって起動できないっぽい(出荷時BIOSのF2では
問題ありませんでした)ので、ここが直り次第、自宅常用機を更新しようかと
考えています。

で、SandyBridgeのレンダリング面での性能ですが、一般的なCINEBENCH R11.5と、
普段使っているKeyShotというレンダリングソフトで比べていました。
BIOSでコア数、HyperThreadingの有効無効を切り替えていて、
以下で2C2Tなどと略記しているのは2Core2Threadの意味です。
CBはCINEBENCHはCPUスコア、KSはKeyShotユーザーの間で行われている、
標準添付のサンプルシーンで描画熟成時の秒間フレーム数になります。

テスト環境は
i7-980X@水冷4.2G=200x21、ノース3600MHzの3ch-DDR3-1600-CL9-9-9-28-1T、
OSはWindowsXP 64ビット版、板はASUS P6T

i7-2600K@空冷でBCLKは100MHz固定で倍率にてOC、2ch-DDR3-1600-CL9-9-28-1T、
OSはWindows7 64ビット版、板はASUS P8P68
GIGABYTE GA-P67A-UD3PでWindowsXP 64ビット版でも少し試していますが、
UD3PがBCLK低めなのを考慮すると、OSによるスコアの差はとりあえず無視して
良さそうです。

以下、結果を羅列すると:

i7-980X, 4.2G-2C2T, CB: 2.90, KS:21.8
i7-980X, 4.2G-2C4T, CB: 3.62, KS:30.6
i7-980X, 4.2G-6C6T, CB: 8.65, KS:65.7
i7-980X, 4.2G-6C12T, CB:10.82, KS:91.8

i7-2600K, 4.2G-2C2T, CB: 3.33, KS:24.5
i7-2600K, 4.2G-2C4T, CB: 4.13, KS:34.9
i7-2600K, 4.2G-4C4T, CB: 6.72, KS:49.4
i7-2600K, 4.2G-4C8T, CB: 8.25, KS:68.6

i7-2600K, 4.6G-2C2T, CB: 3.67, KS:26.3
i7-2600K, 4.6G-2C4T, CB: 4.50, KS:37.4
i7-2600K, 4.6G-4C4T, CB: 7.35, KS:54.1
i7-2600K, 4.6G-4C8T, CB: 8.92, KS:75.0

i7-2600K, 5.1G-4C8T, CB:未計測, KS:83.4

私の2600Kは、P8P67でもGA-P67A-UD3Pでも、Vcore1.55V辺りまでの空冷だと
レンダリングで8スレッドフルに回せるのは5.1G辺りまででした。
なお、CPUクーラーはScytheのMUGEN2(SCMG-2000)のLGA1156対応クリップ換装、
ファンはScythe SY1225SL 12Mです。まな板ですが、常用前提ということで(^^;

上のスコアの羅列から分かるのは、
・CINEBENCH、KeyShotとも、物理コアの増加とクロックの増加は
 ほぼリニアにスコアに効く。
・HyperThreadingの効果はCINEBENCHで23%前後、KeyShotで40%前後。
・同クロックのスコアから、i7-2600K(SansyBridge)のコア辺りの性能は
 i7-980X(Gulftown)より12〜15%ほど高い。
ということで、マルチスレッドを使い切るレンダリングでは、
i7-2600Kは5.6G以上回さないと4.2Gのi7-980Xに追いつかないようで、
GPUの代わりにコアを増やしたサーバー向けの石が出てくるまでは
Gulftownの存在価値はあるということが確認できました。
しかしそれでもSandyBridgeのコストパフォーマンスは凄い訳ですが...

また、今回の検証で同じレンダリング分野のソフトでもHyperThreadingの
効き方が結構異なることが分かりました。普段使うKeyShotでは約40%なので、
物理6コアの帝國石は約8.4コアとして振舞っていることになります。
AMDのBulldozer/Zambeziが4モジュール8コア相当で出てくるはずですが、
いったいどの程度の仕上がりを見せてくれるのか...
...キャッシュ周りの改善で奇跡が起こるか!?と妄想中ですが、果たして(^^;;

添付画像
【980X-4.2G_2C2T_CB-2.90.png : 1.3MB】

添付画像
【980X-4.2G_2C2T_KS-21.8.png : 259.4KB】

添付画像
【2600K_4.2G_2C2T_CB-3.33.png : 1.5MB】

添付画像
【2600K_4.2G_2C2T_KS-24.5.png : 266.8KB】

添付画像
【2600K_5.1G_4C8T_KS_83.4.png : 265.0KB】

GA-P67A-UD3P BIOS F6(仮)...orz
 大箸 MailHome  - 2011/1/29(土) 22:13 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 2600K_4.7G_4C8T_KS-75.8.png
・サイズ : 321.8KB
   >>残念ながらUD3Pの最新BIOS、F6AではSATAをAHCIに設定するとデバイス探しに
>>いったところでBIOS画面が止まって起動できないっぽい(出荷時BIOSのF2では
>>問題ありませんでした)ので、ここが直り次第、自宅常用機を更新しようかと
>>考えています。
>--
>新しいベータBIOS F6bがこちらで紹介されていたので、
>http://forums.tweaktown.com/gigabyte/28441-gigabyte-latest-bios.html
>早速焼いてみましたが、AHCIにするとBIOS画面が止まるのは相変わらず。
--
上記URLでBIOS F6がアップされていたので、焼いてみました。
/*戯画サイトはまだF6aのままなので、書き込みタイトルをF6(仮)としました*/

BIOSでAHCIに設定してまともにブートするようになったのは良いのですが、
肝心の Internal CPU PLL Overvoltage 設定が見当たらなくなったような...
実際、起動するのは47倍までで、48倍に設定するとBIOS画面が出ては落ち、
出ては落ちを2回繰り返して、デフォルト設定に戻されて起動してきます。
ん〜、これではF6a/bの方がOC的にはマシな感じ...
F6が正式にリリースされたらダメ元でもう一度焼いてみようかと思いますが、
今はとりあえずF6bに戻しました...orz

F6a/bでInternal CPU PLL Overvoltage を Enabled/Disabled に変えてみて、
板のどこの電圧が変わっているか調べて改造してしまおうかとか考えましたが、
2〜3のFETの足を測ってみた限りでは違いは分からず...まぁ寝て待ちますか(^^;

添付画像
【2600K_4.7G_4C8T_KS-75.8.png : 321.8KB】

P8P67 BIOS 1204, 1253
 大箸 MailHome  - 2011/1/30(日) 17:04 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : AS_2600K_5.2G_4C8T_KS_85.1.png
・サイズ : 280.7KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : AS_2600K_5.0G_4C8T_air.png
・サイズ : 279.6KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : AS_2600K_5.0G_4C8T_water.png
・サイズ : 278.2KB
   >板はASUS P8P67とGIGABYTE GA-P67A-UD3Pの2枚を試していますが、
>SandyBridgeのクロックを上げるにはCPU内部に取り込まれたPLLの電圧を
>上げるのが重要なようで、ASUS、GIGABYTE両者の板の最新BIOSには
>その機能が盛り込まれています。
>どちらも最新BIOSはベータなので板の素性をとやかくいえる時期ではないとは
>思いますが、5G近辺での起動確実性、リセットボタンの確実性という基本的な
>挙動を見ると、私がいじった2枚ではGIGAの方がずっと安定している印象です。
--
ASUS P8P67もBIOS 1204や1253を焼いてみたところ、上で書いていたような
不安定な印象はどこかに去ってくれたようです(^_^;

ただ、何か設定が抜けているのか、スリープからの復帰は苦手な印象で、
スリープかけて電源が落ちた後、復帰させようとすると電源は入るものの、
画面は真っ暗のまま。一旦電源切って再投入すると、Windowsを再開します、
な画面が現れる、そんな状況...

なお、軽く水冷してみましたが、うちの石だと4コア8スレッド廻せるのは
Vcore=1.6V辺りで5.2Gくらいまでの模様。以前の水冷環境に比べ、
ラジエターの面積もポンプの流量も半分くらいになっているので、
空冷との差は少なくなっていると思いますが、それでもCPU温度を見ると
空冷と水冷の差ははっきりと見て取れます。

P8P67には戯画UD3PのようなAHCI設定での挙動不審のようなものはないので、
スリープは使わないことにすれば、常用機はP8P67でも良くなってきましたが、
さて、空冷のままケースに入れてどの位のクロックで常用出来るのか...
...とか書きながら、ASRock板はどうだろうとか考え中だったり(^^;

添付画像
【AS_2600K_5.2G_4C8T_KS_85.1.png : 280.7KB】

添付画像
【AS_2600K_5.0G_4C8T_air.png : 279.6KB】

添付画像
【AS_2600K_5.0G_4C8T_water.png : 278.2KB】

P67板3種メモ書き
 大箸 MailHome  - 2011/2/28(月) 1:39 -

引用なし
パスワード
   P67板は
・ASUS P8P67
・GIGABYTE GA-P67A-UD3P
・ASRock P67 Extreme4
の3枚を試してきました。これまでの状況をメモ的に残しておこうかと...

[ASUS P8P67]
BIOS 1305まで試しました。掲示板上部の独り言欄でスリープからの復帰が苦手
といったことを書いてきましたが、その後、BIOSで倍率はAutoにしておいて、
OS起動後にASUS謹製ユーティリティ、TurboVで倍率変更するという状況なら
49倍までスリープからの復帰も大丈夫なことが分かりました。
ただ、それでもCPU Internal PLL OvervoltageをEnabledにするとダメっぽく、
49倍まで大丈夫というのもおそらく石の耐性に依存するのではないかと思います。
スリープは使わないと割り切ればいいのですが、気分良くないので現時点では
常用機向けには脱落です。

[GIGABYTE GA-P67A-UD3P]
BIOS F7bまで試しました。SATAをAHCIにしたときにOS起動に至らないことがある
といったことをこれまで書いてきましたが、F7bを焼いてイマイチと感じた後に
F6bに焼き戻したら、なぜかAHCIでもBIOSで止まることがなくなったような!?
で、F6bだと50倍で起動してスリープに入り、復帰かけると復帰はするのですが、
倍率が35倍になって目覚めるという、惜しい状態です(^^;
これまた現時点では常用機向けには脱落..

[ASRock P67 Extreme4]
BIOS 1.53まで試しました。P67チップセットの問題発覚直前に運良く購入。
クロックの伸びは上記ASUS板、GIGABYTE板に一歩及ばない印象を持ちましたが、
挙動は試した3枚の中で一番まとも...というか、当たり前に出来て欲しいことが
きっちり出来ているだけなのですが、個人的には一番好印象でした。
1個目の2600Kではスリープから復帰出来るのは4.6Gまでだったのが、
2個目の2600Kでは5.0Gでも大丈夫...BIOS設定もどこか変えたのかもですが、
追試も面倒なのでこのまま(仮)常用に決定(^^;
(仮)と書いているのはチップセット改善版に交換するつもりでいるからですが、
この価格でMarvellのSATA6Gチップも積んでいてポートに余裕もあり、
箱に収めてしまうといよいよ交換も面倒ということになりそうなので、
しばらくまな板運用です(^_^;

ASRock P67Extreme4 B3品
 大箸 MailHome  - 2011/3/8(火) 0:48 -

引用なし
パスワード

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : P67Ex4_B3.jpg
・サイズ : 260.6KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : P67Ex4_B3_BIOS_1.jpg
・サイズ : 72.2KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : P67Ex4_B3_BIOS_2.jpg
・サイズ : 194.6KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 5.0G_P67Ex4_B3_1.60A.png
・サイズ : 278.8KB

[添付]〜添付ファイル〜
・名前 : 5.0G_P67Ex4_B3_1.50.png
・サイズ : 279.9KB
   >[ASRock P67 Extreme4]
>BIOS 1.53まで試しました。P67チップセットの問題発覚直前に運良く購入。
>クロックの伸びは上記ASUS板、GIGABYTE板に一歩及ばない印象を持ちましたが、
>挙動は試した3枚の中で一番まとも...というか、当たり前に出来て欲しいことが
>きっちり出来ているだけなのですが、個人的には一番好印象でした。
>1個目の2600Kではスリープから復帰出来るのは4.6Gまでだったのが、
>2個目の2600Kでは5.0Gでも大丈夫...BIOS設定もどこか変えたのかもですが、
>追試も面倒なのでこのまま(仮)常用に決定(^^;
>(仮)と書いているのはチップセット改善版に交換するつもりでいるからですが、
>この価格でMarvellのSATA6Gチップも積んでいてポートに余裕もあり、
>箱に収めてしまうといよいよ交換も面倒ということになりそうなので、
>しばらくまな板運用です(^_^;
--
先週末、ASRockなP67板のB3品がアキバに出回るようになりました。
土曜日の夕方、ドスパラ新店舗@旧T-ZONEやソフマップを覗いたところ、
普通に山積みになっていました。世の中的にはASUSや戯画待ち、というか
Z68待ちなのかもしれませんが、ついついExtreme4を捕獲してしまいました(^^;
ついでにAntec箱なasetek製のお手軽水冷キットも捕獲。

開梱するとPS/2ポートにB3品を示すシールが貼ってあったり、
起動するとBIOS画面にB3品の表示があったりします。
BIOSは1.60でしたが、1.60Aが入手可能なので早速更新。
一方で、旧BIOSの1.50も焼いてみましたが、特に問題なく動くようです...
...当たり前な気もしますが、焼く時は結構ビビッてました(^^;

Antec/asetekなお手軽水冷キットですが、同じファンで比べた訳ではないものの、
手持ちの空冷クーラーの時よりCoreTempのCPU温度表示で5度以上下がっており、
結構使える物だと実感。いよいよPCケースに収めて常用開始しましたが、
今の季節ならとりあえず、5.0Gで常用出来そう...
...今のところZ68板が出ても板交換したくならない予定です(笑

添付画像
【P67Ex4_B3.jpg : 260.6KB】

添付画像
【P67Ex4_B3_BIOS_1.jpg : 72.2KB】

添付画像
【P67Ex4_B3_BIOS_2.jpg : 194.6KB】

添付画像
【5.0G_P67Ex4_B3_1.60A.png : 278.8KB】

添付画像
【5.0G_P67Ex4_B3_1.50.png : 279.9KB】

・ツリー全体表示

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃スレッド表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃ホーム  
1 / 73 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
1015969
(SS)C-BOARD v3.5.4 is Free.
質問は基本的にご遠慮いただいておりますm(_ _)m
また、書き込みを頂いても常に気の利いたレスがつくとは限りません。
↑某師の真似(?)になりますが、重ね重ねご容赦下さい<(_ _)>
【私のアドレスなウイルスメールについて(-_-;】
 私は来る方も出る方もプロバイダーのウイルス対策サービス受けてますので、
 恐らく差出人偽装ウイルスメールかと思われます。
 お手数ですが見かけたら撃ち落してくださるようお願いいたしますm(_ _)m